建築図面トレース・青図・野帳のCADデータ化の外注・下請歓迎

CAD資格の本

CAD関連の資格勉強におすすめの本・参考書 【不定期更新中】

『CAD関連』の資格勉強におすすめな書籍・本を現場スタッフが紹介します。

 

CADを使った仕事をしてみたいと考えている方は、近年着々と増えています。CADを使って専門の製図作成者として業務を行う方をキャドオペレーターと呼ばれています。キャドオペレーターの業務につくためにCADを1から勉強したけど、元々建築関係の学歴も持っていないし自信がないと不安に思っている方も多いいですよね。建築関係の学歴がなくてもキャドオペレーターに関する『CAD資格』を取得することで十分アピールができます。

 

CADに関係する資格としては様々ありますが、代表的な資格が4つ紹介します。まず、一番有名な『CAD資格』は、「CAD利用者技術者試験」CADに関する知識や図面を各能力が問われる資格試験です。次に「建築CAD検定試験」こちらは、建築用の図面を、CADを使用して書き、その能力を問う資格となります。そのほかの『CAD資格』としては、AUTO_CADに特化した「オートデスク認定資格プログラム」、ベクターワークスに特化した「ベクターワークス操作技能ベーシック認定試験」があります。

 

より、特定のソフトに特化した『CAD資格』であれば、AUTO_CADかベクターワークスの『CAD資格』を取得するのもオススメです。他にも『CAD資格』は様々なあります。ここでは、それぞれの『CAD資格』の資格勉強本についてご紹介致します。

図面の描き方がやさしくわかる本

初めて製図を書く方むけの図面の書き方がわかる1冊

こちらの本は、直接試験に直結する内容ではありませんが、これから図面を書くことになる学生や社会人に向けた図面の知識と技能を詰め込んだ1冊です。
図面を書くとはどういうことなのか・・・CADには興味があるけどまず図面の読み方、書き方がわからない・・・という方も少なくはないかと思います。そんな方には、本書を読んでいただき、図面の書き方や表現のルールを学ぶために読んでみると今後の業務や試験勉強に役立つでしょう。これから、設計製図に係わる人は読んで損はない1冊です。

初歩から学ぶ3次元CAD活用設計再入門

試験にも実務にも必要な知識が豊富な1冊

こちらの本は、直接CAD試験に係わってはいませんが、3DCADを触ったことがない方や、これから試験を受けようか考えている方にオススメの1冊です。3DCADのベテラン2人が教えてくれるCADの活用方法やツールとしてCADを使いこなすために必要な考え方等を基礎からわかりやすく解説している1冊となります。
企業や学校等の3DCADの教育書としても活用されていることが多いいため初心者にもわかりやすく理解しやすい1冊となっています。これから3DCAD関係の試験を受講する方は思考の整理として読んでみてはいかがでしょうか。

中央職業能力開発協会公認 CADトレース技能審査 試験対策用テキスト 建築部門 初級 (試験対策シリーズ, 1)

CADトレース技能審査を受ける方向けテキスト

CADトレース技能審査とは、CAD資格の一種であり、CADを使用して図面のトレースを行う技能があるかどうかを審査する試験となります。試験は建築と機械製図に分かれているため選択することが可能です。出題範囲を網羅しているため、この1冊で試験に関する知識を得ることが可能となります。製図の知識から勉強することができ、実技試験問題集も収録されているため、模擬試験としての試験対策をすることも可能です。
合格に必要なレベルの知識を習得することができるため、試験を受ける方にはオススメの1冊です。

2020年度版 建築CAD検定試験公式ガイドブック (准1級、2級、3級、4級(AutoCAD、Jw_cad対応))

試験に必要な基礎知識がわかりやすく解説された1冊

こちらのガイドブックは、試験元から出版されている、「建築CAD検定試験」用のテキストになります。4級~準1級まで対応しているため、1冊購入すれば、次回上位級を受験する際にも使用することができます。
また、毎年リニューアルしているため、情報の遅れ等もないため、リアルタイムで学べるテキストです。
採点基準や過去問題出題はもちろんのこと、解説に関しても試験に必要な知識が豊富でありわかりやすく記載されています。JW-CAD、AUTO_CADどちらにも対応しているため、試験内容から確認したいという初心者向けにもなっている1冊です。

CAD利用技術者試験「基礎試験」練習問題ドリル365問―日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会主催

365問と豊富な問題数を収録している試験を見据えた練習問題

こちらの問題集は、365問と圧倒的な問題数を誇る1冊となっています。CAD利用技術者試験に関する問題集が少ないためこちらで反復学習することで試験対策をすることが可能となります。CAD初心者の方向けの基礎知識が豊富なため、これからCADを勉強する方や基礎知識を学びたい方にもオススメの問題集です。
問題も分野ごとに分かれているため、苦手分野に集中した学習をすることも可能となります。試験対策としてまずこちらの問題集から勉強始めてはいかがでしょうか。

手戻りを撲滅する! 超・実践的3次元CAD活用ノウハウ

無駄な手戻りを防止する、3DCAD作成手順のノウハウを収録

こちらのテキストは、3DCADを使用する際の、考え方と無駄な手戻り、修正等を無くすための手順を紹介しているテキスト本となります。
試験は、必ず時間制限があるため無駄な手戻りや修正があるとその分時間を無駄にしてしまうことになります。このような無駄な時間をなくすための考え方や手順、設計物に対する再現性を考える力等ノウハウが収録された1冊です。試験だけでなく、実務の際にも大変役に立つテキスト本となっているため、支援後の実務を見越した効率的な学習ができる1冊です。

2019年度版CAD利用技術者試験3次元公式ガイドブック

試験元が発行している、3次元CAD利用技術者試験公式テキスト

こちらのテキストは、コンピューター教育振興協会が主催している「3次元CAD利用技術者試験」の公式テキストとなります。3次元CAD利用技術者試験は、機会や製造系の3次元CADにおける技能問題が出題されます。試験内容としては、3次元CADシステム経験がある程度有している方を想定しているため、初心者の方にはこちらで学習することをオススメします。2級については、こちらのテキストに収録されている内容から出題されるため効率的な勉強ができるテキストとなっています。

2020年度版CAD利用技術者試験2次元2級・基礎公式ガイドブック

CAD利用技術者試験2次元2級受ける方必須公式テキスト

こちらのテキストは、CAD利用技術者試験2次元2級の公式テキストとなります。出題される範囲はすべて収録されているため、受験する方は買うべきテキストになります。
CADで必要な知識をマスターすることを目標としているため、今後CADを利用するためにも必要な知識となるため1冊持っておくと便利なテキストです。
380ページとボリュームが大きいテキストではありますが、収録されている問題がそのまま出題されることもあるので受験を検討している方にオススメの1冊です。

CAD教科書 CAD利用技術者試験 2次元2級・基礎 テキスト&問題集 第2版

CAD利用技術者試験2次元専用テキストで最も有名な1冊

こちらのテキストは、CAD利用技術者試験2次元の資格テキストで一番定評があり有名でもある1冊です。まず何を選んだらわからない・・・という方にオススメです。
内容としては、まず「CAD利用技術者試験」とはいったい何かというところからはじまります。受講条件等も細かく記載されているため、挑戦してみようか迷っている方にはオススメの1冊となります。学習用問題等も収録されているため、模試の代わりとして使用することも可能です。
ポイントで厳選した項目について説明しているため、効率的な勉強が可能です。

なりたい!!CADオペレータ―よくばり資格情報源…取り方&活用法 (ライセンス・ライブラリー)

まずはCAD資格について知るための1冊

CAD資格には、数種類の資格がありそれぞれ少しずつ取得方法や分野、内容が異なっています。どんな資格なんだろう、どんな種類の資格があるんだろう、自分にあった資格はどれだろう・・・とお悩みの方はまずこちらの本を読んでみてはどうでしょうか。この本から興味のあるCAD資格を探し更にインターネット等で調べていくとわかりやすいかと思います。CADに資格があるなんて始めて知った!CAD関係の仕事がしたいから資格がほしい!そんな方はまず一度こちらの本から読んでみることをおすすめします。

CADトレース職工所をフォローする
タイトルとURLをコピーしました