建築図面トレース・青図・野帳のCADデータ化の外注・下請歓迎

建築士が選ぶ!アジャスターケースのおすすめ10選

今回ご紹介する商品は、図面を持ち運びたい方にぜひおすすめしたい「アジャスターケース」です。これさえあれば、大きな図面をコンパクトにどこへでも、雨の日でも気にせず運べます。購入する際のポイントと合わせて、「アジャスターケース」のおすすめ10選をご紹介いたします。

アジャスターケースとは

設計図など紙を丸めて収納できる筒状のケースのことです。紙を丸めることで折れたり、破れたりすることを防ぐことが出来ます。またケースは、プラスチック系素材で作られることが多く、水に濡れても中身を保護できます。建築設計図や服の型紙など図面を運ぶ方には重宝します。

アジャスターケースを選ぶポイント

アジャスターケースはサイズ・価格・使用方法など製品によって違いがあります。素材は水に濡れても浸水してこない、プラスチック系素材のものが多いです。以下を参考にして様々な商品をチェックしてみてください。

サイズで選ぶ

基本的にサイズはA1のポスターが丸めて入るくらいを想定しています。ですが、商品によっては筒を伸縮させ最大でB0サイズまで対応可能なものもあります。大きなサイズが入る商品はお得な感じがしますが、収納する場合はスペースも充分に検討してみてください。

用途で選ぶ

運搬に使用するのであれば、折り目が付きにくい丸型がおすすめです。また、運搬時に押されるなど力が加わった場合でも筒形状でしっかりと硬さのあるケースであれば、中身に影響はありません。通勤・通学の電車やバスで運搬する時には特に役立ちます。

図面やポスターの収納に使用する場合は、角筒タイプがおすすめです。複数本を一つの箱などに差し込んでおくには、丸よりも四角の方が省スペースで済みます。カラーやラベルなどで中身が確認できるようにしておくと、より分かりやすく収納できそうです。

価格で選ぶ

アジャスターケースの相場は1000円前後です。ポスターや型紙、図面の他にプレイマットなど運搬や収納グッズとして万能なことから、最近では100円ショップでも見かけることがあるほど密かに需要の高まっている商品です。

アジャスターケースのおすすめ10選

【第1位】伸縮するケース・5種から選べる直径/A2~A0まで対応

用途に合わせて直径サイズをチョイスできるアジャスターケースです。長さは伸縮するケースによって其々4段階に調整可能です。筒のフタはショルダーベルトと繋がっているため、紛失を防げます。またプラスチック製で撥水・防水に優れています。スライドロック機能でポスターを保護できます。

 

【第2位】12段階伸縮性の5色展開デザイン角筒/A1~B0まで対応

角筒は収納時にすっきりと収納できるため便利ですよね。キャップの底にはメモ書きができますので、中身を確認することが出来ます。また、フタは筒と一体となっているため紛失を防げます。ワインレッド、ブラック、ネイビーブルー、アイボリー、ライトパープルのお洒落な5色展開です。

 

【第3位】長さを調節可能/丸型タイプ/A0まで対応

図面に合わせて長さを調節できる丸型タイプのアジャスターケースです。筒の内寸径は9cm。長さは6段階、59~93cmまで伸縮します。硬質のポリエチレン素材を使用したケースは水に強くて、軽く丈夫です。側面にラベルシールがあるため、中身も書き出せて保管にも便利です。

 

【第4位】伸縮性硬質ケース/直径10㎝/B0まで対応

直径10㎝と口が大きめのアジャスターケースです。長さは77cmから最長で135cmまで伸びます。B0サイズが145.6cm×103cmですので、短辺から丸めて余裕をもって収納することが出来ます。プラスチック製の硬質なケースが中身を守ります。持ち手とショルダーベルトの両方が付いています。

 

【第5位】カラーアジャスターケース/A1・B1対応

カラーバリエーションが豊富な丸型アジャスターケースです。直径は8cmとスリムで、長さは63~108cmまで調整が可能です。フタはキャップ式です。スリムでシンプルなデザインが特徴のため、オシャレなアジャスターケースを探している方におすすめです。

 

【第6位】コクヨの角型ケース/ダークブルー/A0まで対応

文具メーカー「コクヨ」が開発した八角形のアジャスターケースです。フタの開閉とケースの伸縮は全てケース側面についたプッシュボタンで行います。内径9cmで、長さは63cmから98.5cmまで伸縮するため、A0サイズまで対応可能です。ショルダーベルトは別売りですので注意してください。

 

【第7位】17段調整/丸型/B1まで対応

17段階の長さ調整が可能な丸型のアジャスターケースです。伸縮部の中筒が落ちないようストッパーがついています。また、紙を取り出しやすいように中筒の口にはつまみ切り欠きの加工が施されています。ショルダーベルトの幅も2.5cmと太めですので、肩が疲れにいよう設計されています。

 

【第8位】シルバー/ドローイングケース/A3~B1サイズまで対応

内径6cm、長さは47cm~79cmまで伸縮する丸型のアジャスターケースです。図面を1枚か2枚だけ持ち歩きたいという方にはスリムに持ち運べるため、おすすめです。伸縮する筒には一段階ずつにストッパーの凹凸があり、勝手に短くなることを防ぎます。また、フタとケース本体がベルトで一体となっているため紛失を防ぐことができますね。

 

【第9位】小さなケースを探している方におすすめ/B1まで対応

 

ケースの長さは54cmとA2サイズの長辺よりも短くて小さなケースです。A2サイズの図面やポスターを持ち歩く方におすすめしたい商品です。伸縮機能もあり、最長で79cmまで伸ばすことが出来ます。重さも360gとコンパクトな分だけ軽くつくられています。

 

【第10位】ポスターなどの一時保管に便利/角型/B0まで対応

図面やポスターを保管するには角型がスペースを取らず、重宝します。オシャレなロゴマークつきのケースにはショルダーベルトも付属されています。内寸径は7.5cmとスリムで、長さは62.5~104cmまで伸びます。色は黒、紺、白からお選びいただけます。

 

タイトルとURLをコピーしました