建築図面トレース・青図・野帳のCADデータ化の外注・下請歓迎

CADオペレーターを目指す人におすすめ資格検定ランキング12選

CAD関連の資格

CADオペレーターを目指す方のために役立つおすすめの資格をまとめました。CADオペレーターの仕事は、建築業界や製造業界をはじめ、インテリアやアパレル、CG産業などあらゆる業界で必要とされる需要の高い職種です。CADオペレーターとは、CADcomputer-aided designe)を使用して製図を行う人のことです。CADオペレーターになるのに資格が必須ではありませんが、取得することで知識やスキルの証明となります。

 

CAD関連の資格カテゴリ一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

CAD関連の学校カテゴリ一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 

CAD関連の資格とは

技術系のデスクワークのなかで、CADオペレーターの仕事は需要が高く人気があります。設計が必要になる仕事でCADは必須になるスキルですので、CAD関連の資格を取得してCADの知識や技術を身につけることをおすすめします。CAD関連の資格には様々な種類があり、難易度も異なります。ご自分が望む仕事の分野について深く学ぶことを想定しながら検討しましょう。

 

主な就職先・業種

CADオペレーターを目指す方の主な就職先や業種としては、主に次の4つが挙げられます。

  • 建築・土木業界
  • 家具・インテリア業界
  • 自動車・航空業界
  • 精密機器・家電業界

建築・土木業界は、設計する対象により土木・建築・住宅に分かれるので、それぞれの分野でCADオペレーターが設計しています。2次元CAD利用技術者試験でCADの基本的な知識と操作を習得しておくことは、CADを扱う職種では最低限の必須スキルです。

また、家具・インテリア業界では、CADオペレーターが主に建物の内装の設計を行っています。近年はリノベーション物件が増えているので、この分野においてもCADオペレーターの需要が増えています。インテリア業界では主にVectorworksやAutoCADのソフトが使用されているので、AutoCADユーザー試験VectorWorks操作技能保持者認定試験の取得も役立つでしょう。

自動車・航空業界においては、設計担当者が考えた仕様の図面を正確に作ることがCADオペレーターの仕事です。特に、航空業界はアジア圏の市場の拡大により航空機輸送の需要が高まっているので、今後の成長が見込まれている業種です。設計は2Dよりも高度な3DCADを用いて行うので、3次元CAD利用技術者試験で技術を学ぶことがおすすめです。

また、精密機器・家電業界はスマートフォンや家電などあらゆる新商品が毎年開発されています。ですから、機械加工のCADオペレーターの需要が多くなっています。CAD利用技術者試験CAD実務キャリア認定制度の取得が役立ちます。

 

CAD関連の資格を取得するメリット5つ

CAD関連の資格を取得すると、需要が高く求人も多いので転職や就職にとても有利になります。ここでは、具体的なメリットについて説明していきます。

CAD関連の資格を取得するメリット5つ

 

資格取得のメリット1:業務効率や生産性が向上する

資格を取得することでCADに関する知識や技術を体系的に学ぶことができるので、その結果として業務をこなす正確性やスピードが向上します。

資格取得のメリット2:収入アップが見込める

生産性が上がることは企業にとってもプラスになるので、有資格者には資格手当を用意しているところも多いです。

資格取得のメリット3:知識や技術の証明になる

資格を所有していることは、CADの知識や技術力の証明になります。

資格取得のメリット4:スキルアップにつながる

資格取得の勉強をすることで、CADの技術や製図のスキルを磨くことができるので、CADを必要とするあらゆるシーンで活躍の場が広がる。

資格取得のメリット5:転職や独立、副業などキャリアアップに役立つ

CADは設計が必要な様々な業種で需要があるので、資格を持っているとことで今後のキャリアアップの強みとなる。

 

CAD関連で役立つおすすめ資格一覧

CAD関連で役立つおすすめ資格12種類を表にまとめました。おすすめ度を星の数で表わし、合格率や資格の種類もまとめました。ぜひ参考にして下さいね。

資 格おすすめ度合格率資格の種類
CAD利用技術者試験 2次元CAD利用技術者試験★★★★1級:50%前後
2級:50%程度
基礎:60%前後
民間資格
CAD利用技術者試験 3次元CAD利用技術者試験★★★★40%〜60%
(級により異なる)
民間資格
建築CAD検定試験★★★★3級:70%前後
2級:55%前後
准1級:30%前後
民間資格
CAD実務キャリア認定制度★★★約50%程度民間資格
AutoCADユーザー試験★★★47%民間資格
AutoCADプロフェッショナル★★★80%以上民間資格
VectorWorks操作技能保持者認定試験★★★合格基準7割以上民間資格
Autodesk Master(オートデスクマスター)★★★合格基準70%以上民間資格
建築CADデザイナー資格認定試験
※現在は更新と再発行のみ
17.00%民間資格
3次元設計能力検定試験★★★合格基準60%以上民間資格
CADデザインマスター★★★★約30%民間資格
機械・プラント製図技能士★★★★1級28.7%
2級17.1%
3級47.2%
国家資格

 

1. CAD利用技術者試験 2次元CAD利用技術者試験

CAD利用技術者試験 2次元CAD利用技術者試験

2次元CAD利用者技術者試験は、CADを利用するための知識を持ち、図面を理解してCADを用いて作図することができる技能を持つ者に与えられます。現場では、2次元図面も広く利用されていることから、2次元図面の読み描きのできる人が求められています。1級以外は受験資格はありません。試験内容は、1級は実技試験と筆記試験の25問で行われます。2級と基礎は筆記試験のみです。

試験日1級前期:6月・後期11月/2級・基礎:4月から1年
受験料1級:15,000円/2級:5,500円/基礎:4,000円
受験資格1級以外はなし
合格率1級:50%前後/2級:50%程度/基礎:60%前後
おすすめ度★★★★

 

CAD利用技術者試験 2次元CAD利用技術者試験のおすすめポイント3つ

  • 設計図や施工図を描くCADの技術力の証明になる
  • 履歴書に書いて就職のアピールポイントとなる
  • CADに関する大半の知識を習得できる

 

関連記事CAD利用技術者試験 2次元CAD利用技術者試験の試験日・試験内容と合格基準点【おすすめ参考書・問題集】

 

 

2. CAD利用技術者試験 3次元CAD利用技術者試験

CAD利用技術者試験 3次元CAD利用技術者試験

3次元CAD利用技術者試験は、3次元CADを利用するエンジニアや学生が身につけておくべき知識と技能を証明するための試験です。レベルは、2級、準1級、1級に分かれていますので、自身に合ったレベルの資格取得ができます。試験内容は、準1級と1級は実技試験があり、3次元CADを使って実際に作図する問題が出題されます。その際に使用するソフトは、条件を満たしていればどのソフトを使用してもいいことになっています。

試験日1級前期:7月・後期12月/2級:4月から1年
受験料2級:7,000円/準1級:10,000円/1級:15,000円
受験資格1級以外はなし
合格率40%〜60%(級により異なる)
おすすめ度★★★★

 

CAD利用技術者試験 3次元CAD利用技術者試験のおすすめポイント3つ

  • 設計図や施工図を描くCADの技術力の証明になる
  • 2次元CAD利用技術者試験を受けるステップとなる
  • 製図や設計の仕事に就くには有利

 

関連記事CAD利用技術者試験 3次元CAD利用技術者試験の試験日・試験内容と合格基準点【おすすめ参考書・問題集】

 

 

3. 建築CAD検定試験

建築CAD検定試験

建築CAD検定試験は、建築図面をCADを使って作図することに特化した実践型のCAD資格試験です。試験は暗記で対応できる筆記試験ではなく、実務レベルの建築設計図面を、CADソフトを使用して一定の時間内で作成することを求められます。受験方法は、一般受験と団体受験の2種類あります。試験内容は、建築一般図を作成する能力や、CADシステムを使用し、性格で合理的にトレースする技能を試されます。また求められるものは、CADのスキルだけでなく、基礎的な建築の知識も必要でCADの資格試験の中でも実務に近い試験となります。

試験日4月、10月(准1級は10月のみ) 一般受験
4月、7月、10月、1月(准1級は10月のみ)団体受験
受験料2級、3級:10,500円/准1級:14,700円
受験資格なし
合格率3級:70%前後/2級:55%前後/准1級:30%前後
おすすめ度★★★★

 

建築CAD検定試験のおすすめポイント3つ

  • 就職や転職の際に有利
  • CADの技術力が高まることで業務効率を上げることができる
  • キャリアアップや収入アップにつながる

 

関連記事建築CAD検定試験の試験日・試験内容と合格基準点【おすすめ参考書・問題集】

 

 

4. CAD実務キャリア認定制度

CAD実務キャリア認定制度

CAD実務キャリア認定制度は、CADを利用している実務者やCAD教育の受講者に対してCAD利用に関する実務的な技術、技能の成果を認定する資格です。インターネットに接続できる環境があれば、受験資格はありません。自宅受験で、事前課題の実技試験90分で行われます。事前課題は試験日の約1週間前に提供されます。

試験日年2回(2月、9月)
受験料3次元CADトレーサー  一般:13,600円/学生:9,500円
3次元CADアドミニストレーサー  一般:10,500円/学生:6,300円
CADアドミニストレーター  一般:7,300円/学生:5,300円
受験資格なし
合格率約50%程度
おすすめ度★★★

 

CAD実務キャリア認定制度のおすすめポイント3つ

  • 自宅で参考書などを見ながら受験できる
  • CAD利用に関する実務的な技術や技能の成果を証明できる
  • 合格率50%程度なので比較的取得しやすい

 

関連記事CAD実務キャリア認定制度の試験日・試験内容と合格基準点【おすすめ参考書・問題集】

 

 

5. AutoCADユーザー試験

AutoCADユーザー試験

AutoCADユーザーは、AutoCADの基礎知識を持ち、それを活かす技能を持つことを認定する試験です。AutoCADの使用経験が重要視されるために実践的な技術力を証明できる資格となります。試験内容は、選択式と実技操作の30問、75分で行われます。

試験日いつでも受験可能(各試験会場により異なる)
受験料7,700円(税込)
受験資格なし
合格率47%
おすすめ度★★★

 

AutoCADユーザーのおすすめポイント3つ

  • AutoCADの操作スキルを証明できる
  • エンジニアとしてのキャリアを積んでいく上で役立つ
  • AutoCADの基本知識や操作技術を習得できる

 

関連記事AutoCAD ユーザーの試験日・試験内容と合格基準点【おすすめ参考書・問題集】

 

 

6. AutoCADプロフェッショナル

AutoCADプロフェッショナル

AutoCADプロフェッショナル認定試験は、最新のAutoCADコースを400時間程度使用経験のある方が対象となります。試験内容は、35問の問題を実際のソフトウェアを使用して実技操作して解く形で行います。

試験日いつでも受験可能(各試験会場により異なる)
受験料13,200円(税込)
受験資格なし
合格率80%以上
おすすめ度★★★

 

AutoCADプロフェッショナルのおすすめポイント3つ

  • AutoCADのより高い知識と技術の習得ができる
  • キャリアアップや収入アップにつながる
  • 就職・転職に役立つ

 

関連記事AutoCAD プロフェッショナルの試験日・試験内容と合格基準点【おすすめ参考書・問題集】

 

 

7. VectorWorks操作技能認定試験

VectorWorks操作技能認定試験

Vector worksCADツールの一種で、このツールを使う技術者が増えてきました。その点から、技術者の操作能力や知識量を計る目的で実施されています。試験内容は、CBT試験で行われますので、いつでもどこでもご自身の慣れた環境で試験を受けられます。

試験日9月手続き完了後の1ヶ月間に全3回受験可能
受験料3,000円
受験資格なし
合格率7割以上
おすすめ度★★★

 

VectorWorks操作技能認定試験のおすすめポイント3つ

  • Vectorworksの基本機能や操作を習得できる
  • Vectorworksのスキルの証明ができる
  • キャリアアップや収入アップにつながる

 

関連記事Vector Works操作技能保持者認定の試験日・試験内容と合格基準点【おすすめ参考書・問題集】

 

 

8. Autodesk Master(オートデスクマスター)

Autodesk Master(オートデスクマスター)

オートデスクマスター試験とは、各種CADアプリケーションの知識や操作技術について認定する試験です。試験内容は、2次元を対象にした2D3次元をモデルに扱う3Dに分けられていて、あらゆるレベルの技術者に対応できるように3分類5カテゴリが用意されています。

試験日随時(各試験会場により異なります)
受験料2DD:8,000円/2DE:18,000円
3DD:10,000円/3DE:42,000円
受験資格なし
合格率70%以上
おすすめ度★★★

 

オートデスクマスターのおすすめポイント3つ

  • 多くの企業で導入されているオートデスク社のCADスキルを証明できる
  • デザインの幅を広げることができる
  • 世界共通で使われているソフトなので、海外進出にも役立つ

 

関連記事Autodesk Master(オートデスクマイスター)の試験日・試験内容と合格基準点【おすすめ参考書・問題集】

 

 

9. 建築CADデザイナー資格認定試験

建築CADデザイナー資格認定試験

建築CADデザイナー資格認定試験は、2006年度を以って終了しました。ただし、有資格者は認定証の更新、再発行をすることができます。更新(有効期限切れ)、再発行には手数料が必要です。

更新手数料2,000円

 

関連記事建築CADデザイナー資格認定の試験日・試験内容と合格基準点【おすすめ参考書・問題集】

 

 

10. 3次元設計能力検定試験

3次元設計能力検定試験

3次元設計能力検定試験は、3次元CADのオペレーション能力や機械設計の基本的な能力を評価する試験です。製造業の3次元設計能力に特化しています。試験は3つのコースに分類されています。3次元CADコースはオペレーター向け、図面作成コースは製図技術者向け、プロ設計者コースは設計技術者向けになっているので、ご自分の実務や将来のビジョンに応じて試験コースを選択することがおすすめです。

試験日5月、11月
受験料3次元CADコース:8,000円
図面作成コース:10,000円
プロ設計者コース:15,000円
受験資格なし
合格率60%以上
おすすめ度★★★

 

3次元設計能力検定のおすすめポイント3つ

  • 製造業において3次元CADを使って設計・製図をする人に役立つ
  • 3次元CADや機械設計能力を客観的に証明できる
  • 優秀者は3次元設計能力検定協会から表彰される制度がある

 

11. CADデザインマスター

CADデザインマスター

CADデザインマスターは、世界標準CAD、AUTOCAD、JW-CADの一定レベル以上の知識と技術をはかる試験です。建築や製造、アパレルなど幅広い業種で的確な作図能力ができることを目的としており、あらゆる場面で活かせる汎用性の高い資格です。試験範囲は広いのですが過去問は非公開となっているので、効率的に勉強をするなら通信講座を利用することをおすすめします。

試験日2月・4月・6月・8月・10月・12月
受験料10,000円(税込)
受験資格なし
合格率約30%
おすすめ度★★★

 

CADデザインマスターのおすすめポイント3つ

  • 幅広い業種で活躍できる
  • AUTOCADやJWCADを使いこなせる証明となる
  • 就職や転職、キャリアアップに有利となる

 

関連記事CADデザインマスターの試験日・試験内容と合格率【おすすめ参考書・問題集】

 

 

12. 機械・プラント製図技能士

CADトレース技能審査

機械・プラント製図技能士は、機械やプラントの製図を行う技術者の能力を認定する国家資格です。こちらで紹介しているCAD関連資格の中で唯一の国家資格で、最も信頼性が高い資格といえるでしょう。製図能力と図面作成において必要な機械や設計の知識が問われます。

試験日学科試験:7月~9月、1月~2月
実技試験:6月~9月、12月~2月
受験料学科試験:3,100円
実技試験:18,200円
※都道府県によって異なる場合あり
受験資格1級:実務経験7年以上
2級:実務経験2年以上
3級:なし
合格率1級28.7%/2級17.1%/3級47.2%
おすすめ度★★★★

 

機械・プラント製図技能士のおすすめポイント3つ

  • 日本の平均年収より高い収入が見込める
  • 国家資格のため就職や転職に有利
  • あらゆる業種で活躍の場が広がる

 

関連記事機械・プラント製図技能士の試験日・試験内容と合格率【おすすめ参考書・問題集】

 

 

CAD関連の資格取得の勉強法

CAD関連の資格取得の勉強法

CAD関連の資格取得の勉強法には、独学・通信講座・スクールの3選があげられます。ご自身に合った勉強法を選ぶことが合格率アップの近道になります。それぞれの特徴についてまとめたので、どれを利用すればいいのか選ぶ参考にして下さいね。

CAD関連の資格勉強法①:独学で学ぶ

独学のメリットは、場所や時間を選ばずに自分のペースで勉強できることと、通信講座やスクールに比べて費用をかけずに学べることでしょう。ただし、計画性を持って臨むこととモチベーションの維持がとても大切になります。また、独学で学ぶ場合、どの本を選ぶのかも重要です。

CAD関連の資格勉強法②:通信講座で学ぶ

ヒューマンアカデミーのCAD利用技術者試験対策講座は、合格実績とクオリティの高い授業が評判です。在籍する講師の60%以上がオートデスク認定インストラクターとなっており、製図やデザイン力重視のカリキュラムで実践的に学べます。また、修了後は国内でCAD人材のTOPの派遣実績を誇るグループ内人材派遣会社ヒューマンリソシアへの登録ができるので、就職フォロー体制も万全です。

CAD関連の資格勉強法③:スクールで学ぶ

ソフトキャンパスのCAD講座は、初心者でも安心して設計や製図の基本から3DCADスキルまで習得できます。新人研修や企業実績豊富な講師による完全1対1授業のため、CAD利用技術者試験の合格に必要なスキルを短期間で効率的に学ぶことができます。

 

 

 

 
CADトレース職工所をフォローする
 

よく読まれている記事

 

CADトレース職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました