間取職工所

CADの資格を取得すれば、CADオペレーターとして働くことができます。
どの資格も国家資格ではありませんので、「資格がなければ、CADオペレーターの仕事ができない」ということではありません。
けれども、CADの知識がなければできない仕事であり、経験も必要となります。
そのため、資格を持っているということは「一定の知識がある」という照明になりますので、就職の際には有利になります。
まずは資格試験のために勉強してから実務に着いた方が、理解度も早くなるため、試験勉強も実際の仕事に生かせます。
CADオペレーターにはいくつかの資格があります。
やりたい仕事でどのような知識が必要になるか調べてみると良いでしょう。
その内容に合わせた資格試験に挑戦すれば、やりたい仕事に就職しやすくなります。
CADに関する資格をそれぞれ詳しく説明します。

testeteteteetete

CAD利用技術者試験は、CADの技術を明確にし、一定以上の技術を持っている人に対して、その評価と認定を行います。

 

「CAD利用技術者試験」は、「2次元CAD利用技術者」「3次元CAD利用技術者」の2種類があり、さらにいくつかのレベルに分かれています。

「2次元CAD利用技術者」は、「基礎」「2級」「1級」に分かれ、「1級」は分野別に「機械」「建築」「トレース」。

「3次元CAD利用技術者」は、「2級」、「準1級」、そして「1級」とランク付けされています。

CADトレース技能審査では、図面の製図に必要なスキル要素を盛り込んだ課題を使用した試験が行われています。

そのため、合格すると実務的な図面を描くことが出来るという証明になります。

 

また、試験では、一定時間の中で図面を描く必要があるため、実務的な図面の製図能力が必要となります。

建築や機械分野で設計を目指す人が多く受験しています。

CAD 実務キャリア認定制度は、CAD を利用している実務者をはじめ、CAD 教育を受けている方々を対象に、CAD 利用に関する実務的な技術、技能の成果を認定するものです。

CADを用いて製図を行う能力を認定する資格。CADソフトウェアを利用するために必要な知識や能力のほか、パソコンやOS、ネットワークなどに関する知識も問われます。

課題として与えられた建築図面(RC構造等)を、自らの建築製図知識とCADの経験を駆使したうえ、建造物の特性を理解した適切な判断によるトレースを行なって作成する試験です。

※建築CADデザイナー資格認定試験の実施は2006年度をもちまして終了いたしました。

CAD スキルを磨き、その実力を示すことはキャリアアップへの大切なカギとなります。

Vectorworksの操作技能の向上や社会ニーズに適った技能者の養成を目指しています。

この記事についているタグ

  • CADの資格・学校
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • CAD用語集
  • CADのウンチク
  • CADの資格・学校
  • CADのウンチク
PAGE TOP