建築図面トレース・青図・野帳のCADデータ化の外注・下請歓迎

3次元CAD利用技術者試験

この記事では、『3次元CAD利用技術者試験』について、「概要」「検定内容」「合格率」「受験地」「参考書籍」をまとめています。

3次元CADとは3D空間上に仮想の3Dモデルを作成するツールです。

近代の製品制度が高いのもこの技術の進歩があってこそであり、高付加価値な製品設計や製品製造には最早欠かすことのできないツールとなっています。そのために最近ではこの3次元利用技術者の需要は高まってきています。

3次元CAD利用技術者試験ではこの3次元CADを利用するための技術を証明するための試験です。試験対象者はシステムを利用した機械系・製造系のモデリング・設計・製図などの業務に従事することを目指す方となっています。 また、近代産業である自動車や機械メーカーの設計者や設計補助、機械オペレーターなどの就職には有利となるでしょう。

そのため、資格取得を目指す方も多く、SNSなどでも様々な声が聴かれます。

合格者の嬉しい声や、絶賛勉強中の様子が伺えますね。早速、『3次元CAD利用技術者試験』の概要についてみていきましょう。

一般社団法人コンピュータ教育振興協会(ACSP)主催 3次元CAD利用技術者試験の概要

3次元CAD利用技術者試験は、3次元CAD の知識や技能を証明できる、一般社団法人コンピュータ教育振興協会が主催する3次元CAD試験制度です。エンジニアとして、各企業で活躍するにあたりとても有利な資格です。

こちらでは、3次元CAD利用技術者試験の概要についてご紹介します。

受験資格

1級 / 準1級

 1級準1級
資格名 / 称号3次元CAD利用技術者試験 1級3次元CAD利用技術者試験 準1級
受験資格2級有資格者(併願受験も可)。
※2級との併願受験の場合、1級・準1級が合格ラインに達していても2級が不合格の場合は、1級・準1級も不合格となります。
※準1級と1級を同日受験日に受験することはできません。
受験対象者3次元CADシステムを利用した機械系・製造系のモデリング・設計・製図などの業務に従事して半年以上の実務経験、または1年以上の就学経験を有する方を想定して試験を行います。3次元CADシステムが操作できるだけではなく、3次元設計の補助業務を担い、将来、設計者やオペレーターの管理業務を目指す方が対象です。3次元CADシステムを利用した機械系・製造系のモデリング・設計・製図などの業務に従事することを目指す方、もしくは従事して間もない方を想定して試験を行います。3次元CADを学び、知識と操作の基礎的な部分を習得し、設計の補助業務やオペレーターを目指す方が対象です。

2級

資格名 / 称号3次元CAD利用技術者試験2級
受験資格特にありません。
受験対象者3次元CADシステムを利用した機械系・製造系のモデリング・設計・製図などの業務に従事することを目指す方、および3次元CADシステムの周辺業務に従事している方を想定して試験を行います。
準1級、1級へのステップアップとしてだけではなく、関連製品の管理、営業等を担当されている方も対象です。
(2級の合格は、準1級・1級受験の必須要件です)

試験日と試験内容

2020年前期 2級

試験日2020年7月12日(日)
試験時間11:00~12:00
合格発表2020年8月下旬
注意事項準1級・2級もしくは1級・2級の併願受験が可能です。

2020年後期 1級 / 準1級

試験日2020年12月6日(日)
試験時間10:00~12:00
13:30~15:30
合格発表2021年1月下旬
注意事項準1級・2級もしくは1級・2級の併願受験が可能です。

検定内容(試験方式と検定料)

 1級準1級2級
受験形態実技試験筆記試験
受験料15,000円+消費税

※2級との併願受験
:20,000円+消費税
10,000円+消費税

※2級との併願受験
:15,000円+消費税
7,000円+消費税

試験分野 1級

試験分野

※3次元CAD利用技術者試験の問題は、試験実施年度版の公式ガイドブックに準拠して出題されます。

■CADリテラシー、形状認識能力
・文章による手順の指示に従い、パーツモデルを作成する問題。第三者との口頭によるやり取りや手書き図面情報の伝達をイメージし、的確にコマンドを使用できるかを問う。
・2次元図面からパーツモデルを作成する問題。2次元図面から3次元空間上の形状認識が正確にできるかを問う。

■アセンブリモデリング能力
・パーツモデルを作成し、それらを組み立ててアセンブリモデルを作成する問題。パーツモデルを正しく組み立てることができるかを問う。

■2次元図面からのパーツモデリング能力
・2次元図面からパーツモデルを作成する問題。実務の基本的な能力を総合的に問う。

試験分野 準1級

試験分野

※3次元CAD利用技術者試験の問題は、試験実施年度版の公式ガイドブックに準拠して出題されます。

■CADリテラシー、形状認識能力
・文章による手順の指示に従い、パーツモデルを作成する問題。第三者との口頭によるやり取りや手書き図面情報の伝達をイメージし、的確にコマンドを使用できるかを問う。
・2次元図面からパーツモデルを作成する問題。2次元図面から3次元空
間上の形状認識が正確にできるかを問う。

■2次元図面からのパーツモデリング能力
・2次元図面からパーツモデルを作成する問題。実務の基本的な能力を総合的に問う。

試験分野 2級

試験分野

※3次元CAD利用技術者試験の問題は、試験実施年度版の公式ガイドブックに準拠して出題されます。

■3次元CADの概念
 3次元CADとは、3次元CADの活用、3次元CADの歴史、3次元モデルのデータ構造、3次元モデルの構成、表示技術

■3次元CADの機能と実用的モデリング手法
 3次元CADによる設計、モデリング機能、実用化の事例、複合化したコマンド、検査・計測・解析の方法、モデリング手法、アセンブリモデリング、実用上の注意点

■3次元CADデータの管理と周辺知識
 プロジェクト管理、PDM、コンピュータシステムの構成、CADとネットワーク知識、情報セキュリティ

■3次元CADデータの活用
 CAE、CAM、CAT、CG、3Dプリンター、DMU、コラボレーション、3次元CADデータの応用例

合格率(合格基準点)

資格の合格率は級ごと、年度ごとによって多少異なります。そこで最長過去5年分の受験人数と合格率をまとめました。

合格基準各試験分野の5割以上、および総合7割以上の正解を合格基準とします。

合格率 1級

実施年度男性女性合計合格率
2019年後期951711235.78%
2019年前期5275921.00%
2018年後期66117724.30%
2018年前期971311039.71%
2017年後期7177826.80%
2017年前期1011411542.43%
2016年後期1131612943.14%
2016年前期4804821.60%
2015年後期4565118.54%
2015年前期5666225.00%

合格率 準1級

実施年度男性女性合計合格率
2019年後期1222815030.61%
2019年前期1202214247.65%
2018年後期2294727652.40%
2018年前期1482917742.14%
2017年後期1994023944.70%
2017年前期1172914646.05%
2016年後期1823822051.52%
2016年前期85119636.20%
2016年後期1381615440.40%
2016年前期1101712748.50%

合格率 2級

実施年度男性女性合計合格率
2019年後期67415082455.08%
2019年前期68715784468.06%
2018年後期64415479847.30%
2018年前期3507342335.75%
2017年後期65613479056.30%
2017年前期5679966657.11%
2016年後期3919448542.32%
2016年前期3366239848.10%
2015年後期4729256454.50%
2015年前期4969659264.80%

受検地一覧

当試験の教育を実施している会場であり、試験会場とは一致しません。

都道府県市区町試験実施会場名
秋田県大仙市秋田県立大曲工業高等学校
福島県いわき市いわきコンピュータ・カレッジ
長野県諏訪市エプソン情報科学専門学校
群馬県前橋市群馬県立前橋産業技術専門校
東京都渋谷区Winスクール渋谷校
神奈川県横浜市関東学院大学
神奈川県相模原市国立県営 神奈川障害者職業能力開発校
静岡県静岡市静岡産業技術専門学校
静岡県静岡市Winスクール静岡校
愛知県名古屋市トライデントコンピュータ専門学校
愛知県蒲郡市愛知工科大学
愛知県名古屋市名古屋デジタル工科専門学校
愛知県名古屋市名古屋工学院専門学校
滋賀県近江八幡市メニックスCADスクール
石川県野々市市金沢工業大学
三重県津市三重県立津高等技術学校
香川県高松市Winスクール高松瓦町校
愛媛県松山市Winスクール松山校
鹿児島県鹿児島市Winスクール鹿児島中央駅前校
福岡県筑後市パソコンスクールPCワークス
福岡県久留米市ビジネススクール Link to Link
福岡県飯塚市ポリテクセンター飯塚
岡山県倉敷市瀬戸内CAD・ITスクール
大分県大分市大分職業能力開発促進センター

CAD利用技術者試験 3次元CAD利用技術者試験の書籍・参考書

2019年度版CAD利用技術者試験3次元公式ガイドブック

こちらは3次元CAD利用技術者試験を受験する人のための公式のテキストとなっています。3次元CADの基本を体系的に学べるように作られており、最終的に機械・製造系の3次元CADを使いこなせるようになることを目指した本となっています。2級から1級まで3種類の試験がありますが、この本ではその全ての範囲を学習することができます。また本書では前年度の試験問題も掲載されており、過去問を解くこともできます。

手戻りを撲滅する! 超・実践的3次元CAD活用ノウハウ

この本では3次元CADを使用する際の正しい設計の考え方と手順を紹介しています。設計にとりかかるときに重要な設計仕様。これを明確にしなければ後から手戻りすることもあります。設計仕様を明確にしたうえでスタートしなければならないということなのですが、この本ではその設計対象の機能を分類・把握して手順をまとめていく方法や、設計に関するノウハウも解説しています。

ついてきなぁ!加工部品設計で3次元CADのプロになる!―「設計サバイバル術」てんこ盛り

こちらの本では“設計サバイバル術”と銘打って、「知恵」と「道具」だけを用いた加工しやすい設計に関するノウハウを、懇切丁寧に解説しています。目次のタイトルにちょっとした遊び心があり、また文章自体も単純な書き方のように感じるが、それが反対に分かりやすくなっています。またコンセプトとしては図面を描く“前”に知っておくべき加工の基礎知識、その中でも最も有効な知識だけを抜き出し、設計初心者を一気にベテラン設計者に近づけさせるというものです。

その他の資格一覧


コメント

タイトルとURLをコピーしました