CAD作成ソフト

間取職工所

CADは、現在はコンピューター上で設計図などを作成する「CADソフト」で作成する場合がほとんどです。
ソフトの種類は様々あります。
3Dで作成できるタイプは、設計中にいろいろな角度から見ることができるので大変便利です。一方で、平面図(2D)で作成するものは、操作が簡単で使いやすく、無料のソフトもあるので手軽です。
たくさんあるCADソフトの中から、使いやすく多くの人に人気のものをご紹介します。

CAD CGソフト

JWCAD

建設現場などで飛び交う「JW」という言葉は建設系CADの代名詞のようになっています。
1990年代初頭から建築士さんたちが協力して開発し完成させた2次元(2D)CADソフト。
おおきな特徴は「フリーソフトウェア」(無料)であることで自由にダウンロードできます。
使っている人が多いので、インターネットなどでも技術的な情報を得やすいことも利点のひとつです。

AutoCAD

こちらも、よく見かける名前ですね。使い方が限定されていない汎用CADとして30年以上前に発表されたソフトです。
Jw_cadが2D、つまり平面の紙に描くような図面なのに対してAutoCADは3D=3次元に対応しているので、建物の完成図を立体的に表現することができます。
建設系はもちろんプロダクトデザインなどでも広く使われています。

Vectorworks

アメリカで開発された汎用ソフトです。デザイン性の高い作品をつくる建築家やインテリアデザイナーが多く使っていて、ちょっぴりオシャレな印象もあります。
これはデザイナーの多くがMacユーザーで、かつてVectorworksはMac版しかなかったことが影響しているのかもしれません。
いまではWindows版もありデータベース管理や表計算もできます。

Inventor(インベンター)

REVITと同じくAutodesk社が販売している機械に特化したCADです。
微細な図面を手早く作成することができ、プラスチックや金属などの設計に特化した機能もあります。

CATIA(キャティア)

フランスのダッソー・システムズ社の機械専用CADです。
ハイエンド(最上位)ソフトとして知られ、ライセンス料は高額です。
自動車や輸送機械業の大手企業が使用しています。

SOLIDWORKS(ソリッドワークス)

こちらもフランスのダッソー・システムズ社の機械専用CADですが、CATIAがハイエンドであるのに対し、SOLIDWORKSはミドルレンジ(中位)ソフトです。
とはいえ構造設計などには十分な能力を持ち、豊富な機能と使いやすさには定評があります。

DRA-CAD(ドラキャド)

DRA-CADは国産のCADソフトです。デザイン、シミュレーション、基本設計など、様々なことに利用でき、様々な職種で利用することが可能です。
操作も直感的に行うことができるため、使いやすさにも定評があります。

3次元CADソフトが主流となっている現代では、二次元に比べると、より正確にデザインのイメージを具現化することができるようになりました。
しかし、制作の段階に移る際の表現をより正確なものにするためには、レンダリング専用ソフトウェアを使用する必要があります。

この記事についているタグ

  • CADのソフト
1ランク上の広告パーツ作成 職工所

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

「職工所」から最新の記事情報をお届けします。

弊社運営サイト・お役立ちサイト等の紹介

インターネットで楽しく買い物するための情報をまとめて掲載しています。通販でお得に商品をゲットするなら、情報収集がとても大切!ぜひ気になるバナーをクリックしてみてください。

出張のホテルや航空券など格安手配するなら楽天トラベル。限定プランがお得すぎ!

売り切りたいので、ほぼ赤字で商品放出中。お得に買うなら処分市!毎月5日開催

関連記事

  • CAD用語集
  • CADのウンチク
  • CADの資格・学校
  • CADのウンチク
PAGE TOP