建築図面トレース・青図・野帳のCADデータ化の外注・下請歓迎

『Jw_cad』の使い方 | 塗りつぶし(ソリッド)の方法

図面というと一般的には建築図、機械図、電気図などいろいろありますが、そのどれも図形の中身を塗りつぶしたりするようなケースはあまりないかと思います。

 

例えばデザイン的な意図で作図をするのであればそのような機会はあるかもしれませんし、図面でも強調を目的とするならおかしくありません。

 

今回は図形の塗りつぶし(ソリッド)について説明したいと思います。

図形を塗りつぶそう

普段描いているような四角形を塗りつぶしてみます。

 

やり方は非常に簡単です。
四角形を例にしてみますが、いつもの作図の方法に一つ操作を加えるだけです。

 

 

上図のように四角形を作図する状態にして、上部コントロールバーのソリッドにチェックを入れます。

その状態で四角形を作図します。

 

 

因みに白色で塗りつぶし図形を作成しましたが、この色の変更も簡単に出来ます。

 

 

塗りつぶし色の変更方法
① 任意色に変更する
② デフォルトで設定されている色を選択して変更する

上記の2パターンで色設定をして塗りつぶしが可能です。

 

① 任意色に変更する方法は以下の「任意色」をクリックします。

 

 

次に下のダイアログが表示されるので自由に色設定してみてください。

 

「任意色」のダイアログ

 

因みに色設定の操作方法は、

 

色設定の操作方法

 

この色設定で作図すると、

 

作図例

 

こんな感じになります。

 

② デフォルト色の設定方法は以下のアイコンをクリックします。

 

 

すると線属性のダイアログが表示されるので好きな色に設定してみてください。

 

線属性のダイアログ

 

仮に線色3の緑色を設定してみます。

 

線色3の緑色を設定

 

仕上がりはこんな感じです。図形に合わせて色設定を行いましょう。

 

塗りつぶし図形を組み合わせれば下のようなデザイン作成も可能となります!

 

デザイン作成例

『Jw-CAD』マスターに役立つ本

職工所スタッフが選んだJw-CADのおすすめ本を紹介してます。ご覧ください。

やさしく学ぶJw_cad 8

本当に国旗だけを載せた究極の絵本。1ページ目いっぱいに国旗を配し、世界地図上での位置と国名と首都だけを明快に記載。国旗デザインそのものの魅力を最大限に伝えるためのシンプルを極めたレイアウトで、厳選した48カ国の国旗を紹介します。出版社も自負する大胆なレイアウトは一見の価値あり。小さなお子さまはその迫力に吸い込まれ、大人は国旗デザインの新たな発見が見つけられるでしょう。国旗の由来を知りたい場合は、他の本で調べましょう

 

↓ その他 JW-CAD関連の本を下記記事で多数紹介してます。

 

『Jw-CAD』の使い方

No.記事タイトル
1画面・基本設定について
2線を引いてみよう①(線種の設定や変更など)
3線を引いてみよう②(クロックメニューなど)
4線を引いてみよう③(矢印など)
5図形の書き方・ソリッド 色変更
6文字を書く(大きさ・移動・整列・文字化け)
7図形の移動・複写
8レイヤー分け・変更・移動
9コーナー処理、面取処理
10ブロック化と消去・解除方法
11線の伸縮・寸法線・寸法設定
12Windowsの操作(保存・印刷・枠線・ショートカット)
13インストール手順と自動保存設定
14jw_cadとauto cad変換と拡張子
15カラー印刷とPDF化 Wordへの挿入方法
16文字の色と大きさの変更
17塗りつぶし(ソリッド)の方法
18網掛け(ハッチ)の方法
19図形の移動方法
20図面のプリンタ設定と印刷方法
21線や文字色の変更方法
22図面をUSBへ保存する方法
23円を描く方法
24埋め込み文字の設定方法
25円の塗りつぶし色の設定・変更
26エクセルへの貼り付け方法
タイトルとURLをコピーしました