建築図面トレース・青図・野帳のCADデータ化の外注・下請歓迎

『Jw_cad』の使い方 | 三角形の作成方法

こちらの記事では三角形の作成方法について説明します。

電気図面などでは電気記号の一つとしてよく用いられます。

図形として扱う以外にも、一辺の長さを測定する際にその過程として三角形を作るというケースもあります。

三角形を作成しよう

作り方は多角形コマンドで角数を3に設定すればOKです。

多角形コマンドをクリック

 

三角形を作成するにはこれだけでOKですが、あとは大きさや傾きなど細かく設定する事も可能です。

次よりその方法について説明していきます。

①寸法

例として寸法1000の三角形を作成してみます。この時どこの寸法を1000にするかで三角形のサイズが変わります。

どこの寸法を1000にするかを選択

 

この際にチェックを入れる項目によって同じ寸法1000でもサイズが変わります。

 

中心→頂点指定

中心→頂点指定

 

中心→辺指定

中心→辺指定

 

辺寸法指定

辺寸法指定

 

比較すると、どこの寸法を1000にするかでかなりサイズが変わってきます。

こんな感じですね↓↓↓

どこの寸法を1000にするかでサイズが変わる

 

②角度

底辺角度を設定してあげると角度も変わります。

45度角度が付いています

 

③基準点

作成した三角形を移動させる際にどこを基準にするかも設定可能です。

コントロールバーの をクリックします。

クリックする度に、中央→頂点→辺と基準点が切り替わります。

 

中央を基準点にする場合

中央を基準点にする場合

 

頂点を基準点にする場合

頂点を基準点にする場合

 

辺を基準点にする場合

辺を基準点にする場合

 

『Jw-CAD』マスターに役立つ本

職工所スタッフが選んだJw-CADのおすすめ本を紹介してます。ご覧ください。

やさしく学ぶJw_cad 8

 

パソコンが苦手な方、初心者の方にもわかりやすいように、まずはJW-CADのダウンロードするところからわかりやすく解説しています。付録のCD-ROMにはJW-CADバージョン8がついているため、CD-ROMを読み込むだけですぐダウンロードし使い始めることが可能です。

基本操作として、「図面の保存の仕方」「文字・寸法の記入」「基本図形の作図」等家具や部屋の平面図の書き方を学ぶことができます。また、平面図等の建物図面だけでなく敷地図の書き方等も収録しているため1冊で基本から応用まで学ぶことができる1冊です。

↓ JW-CAD関連の本を多数紹介↓

https://www.cad-trace.net/book_cat/book-jwcad/

 

『Jw-CAD』の使い方

No.記事タイトル
1画面・基本設定について
2線を引いてみよう①(線種の設定や変更など)
3線を引いてみよう②(クロックメニューなど)
4線を引いてみよう③(矢印など)
5図形の書き方・ソリッド 色変更
6文字を書く(大きさ・移動・整列・文字化け)
7図形の移動・複写
8レイヤー分け・変更・移動
9コーナー処理、面取処理
10ブロック化と消去・解除方法
11線の伸縮・寸法線・寸法設定
12Windowsの操作(保存・印刷・枠線・ショートカット)
13インストール手順と自動保存設定
14jw_cadとauto cad変換と拡張子
15カラー印刷とPDF化 Wordへの挿入方法
16文字の色と大きさの変更
17塗りつぶし(ソリッド)の方法
18網掛け(ハッチ)の方法
19図形の移動方法
20図面のプリンタ設定と印刷方法
21線や文字色の変更方法
22図面をUSBへ保存する方法
23円を描く方法
24埋め込み文字の設定方法
25円の塗りつぶし色の設定・変更
26エクセルへの貼り付け方法
27円弧の描き方
28おすすめ設定
29縮小・拡大
30曲線の描き方
31寸法
32クロックメニュー
33雲マークの描き方
34三角形の作成方法
35左右反転
36ショートカットキー一覧
37線長・線角の測定方法
38中心線の描き方
39グリッドの設定・作成方法
タイトルとURLをコピーしました