建築図面トレース・青図・野帳のCADデータ化の外注・下請歓迎

『Jw_cad』の使い方 | エクセルへの貼り付け方法

Jw_cadで作成した図面を別の誰かに渡す際に、相手側で中身を確認するためにはJw_cadが必要となり、拡張子に対応出来るソフトがないと開くことは出来ません。そんな時のためにも図面データを別のソフトで確認できると非常に便利です。

今回は扱いやすいソフトの一つとしてMicrosoftOfficeのエクセルを利用した方法を説明します。

操作本を横に置いておきたい人は、職工所スタッフが厳選したJW-CADソフトのお役立ち本をご紹介してますのでご覧ください。

CADデータを別ファイルに置き換えよう

エクセルにCADデータを貼り付けるという作業になります。

但し、そのままでエクセルに貼り付ける事は出来ないので、一度CADデータを貼り付けできるような別データに換えてしまいましょう。

 

上の図をエクセルで確認出来るよう処理していきます。エクセル上に挿入しようとするデータはPDF形式では不可なのでJPEG形式で対応します。

まず上の図面データをJPEG形式に変換して保存します。ここでCubePDFというソフトを利用します。

ファイル → 印刷をクリックします。

 

印刷のダイアログが表示されるので、「CubePDF」というプリンタを選択します。

 

CubePDFを選択して印刷を進めていくと以下のCubePDFダイアログが表示されます。

 

ここでファイル形式を選択する事が出来るのでJPEG形式をクリックします。

 

① JPEG形式になっている事を確認します
② 出力先(JPEG形式で保存されるフォルダ)を確認します
③ 最後に変換をクリックします

これでJPEG形式で指定のフォルダに保存されたことになります。※確認のため指定のフォルダを覗いてみます。

 

正常にJPEG形式での保存が完了しました。これを用いてエクセルに貼り付けを実行してみます。

エクセル上にCADデータを挿入しよう

次にCADデータを貼り付けしたいエクセルを開き、挿入→図をクリックします。

 

※エクセルはバージョンによって画面構成が違う場合があります

JPEG形式にて保存した先のフォルダを選択して、その中にある貼り付けしたいデータを選んで挿入します。

 

 

これでエクセルにCADデータを挿入する事が出来ました。場合によってはトリミングなどして調整してみてください。

『Jw-CAD』マスターに役立つ本

職工所スタッフが選んだJw-CADのおすすめ本を紹介してます。ご覧ください。

やさしく学ぶJw_cad 8

 

パソコンが苦手な方、初心者の方にもわかりやすいように、まずはJW-CADのダウンロードするところからわかりやすく解説しています。付録のCD-ROMにはJW-CADバージョン8がついているため、CD-ROMを読み込むだけですぐダウンロードし使い始めることが可能です。

基本操作として、「図面の保存の仕方」「文字・寸法の記入」「基本図形の作図」等家具や部屋の平面図の書き方を学ぶことができます。また、平面図等の建物図面だけでなく敷地図の書き方等も収録しているため1冊で基本から応用まで学ぶことができる1冊です。

↓ JW-CAD関連の本を多数紹介↓

JW-CADがテーマの為になるおすすめ本(書籍) 【不定期更新中】

 

『Jw-CAD』の使い方

No.記事タイトル
1画面・基本設定について
2線を引いてみよう①(線種の設定や変更など)
3線を引いてみよう②(クロックメニューなど)
4線を引いてみよう③(矢印など)
5図形の書き方・ソリッド 色変更
6文字を書く(大きさ・移動・整列・文字化け)
7図形の移動・複写
8レイヤー分け・変更・移動
9コーナー処理、面取処理
10ブロック化と消去・解除方法
11線の伸縮・寸法線・寸法設定
12Windowsの操作(保存・印刷・枠線・ショートカット)
13インストール手順と自動保存設定
14jw_cadとauto cad変換と拡張子
15カラー印刷とPDF化 Wordへの挿入方法
16文字の色と大きさの変更
17塗りつぶし(ソリッド)の方法
18網掛け(ハッチ)の方法
19図形の移動方法
20図面のプリンタ設定と印刷方法
21線や文字色の変更方法
22図面をUSBへ保存する方法
23円を描く方法
24埋め込み文字の設定方法
25円の塗りつぶし色の設定・変更
26エクセルへの貼り付け方法
タイトルとURLをコピーしました