建築図面トレース・青図・野帳のCADデータ化の外注・下請歓迎

『Jw_cad』の使い方 | 円を描く方法

円を描くときはその中心を気にかけましょう。

例えば、その円を別の図形と接続させたりする際には、アバウトにつなげる事はあまりありません。図形として扱うような場合は必ず中心を意識して作図していきます。

今回は円を描く方法について説明していきます。

操作本を横に置いておきたい人は、職工所スタッフが厳選したJW-CADソフトのお役立ち本をご紹介してますのでご覧ください。

円の中心を見つけよう

円の中心を見つける

 

上図の円の中心を探します。やり方はクロックメニューを利用すれば簡単です。

クロックメニューとはマウスの左or右クリックを利用して色々な操作が出来るツールです。

クロックメニューの中には「中心点・A点」という操作コマンドがありますので、それを利用して一本線を引いてみます。

「中心点・A点」を利用して1本線を引く

 

この操作は円の中心から線を引く作業です。つまり上図の流れの通りで操作を進めると、

円の中心を見つける事が出来る

 

円の中心を見つける事が出来ました。これでこの中心を利用して多様な作業にかかることが出来るようになります。

中心を利用して作図しよう

円の中心をある端点に合わせて作図するようなケースが、図面を描いていると頻繁に出てきます。

例えば下の図面はある機械図面の一部ですが、中央辺りに〇が描かれています。これは円の中心が青線と赤線の交点に来るように配置されています。

中心を利用して作図

 

アバウトに円を移動させていては正しい図面となり得ません。実際どのように手順を進めていけば良いか確認していきます。先に説明したやり方でまずは円の中心を出します。

円の中心を出す

円の中心を右クリック

交点に移動させて右クリック

 

最後に中心を出すために引いた線のみを消去します。

引いた線のみを消去

完成図

図面を描く際の円は中心を出した上で正確に描きましょう。

『Jw-CAD』マスターに役立つ本

職工所スタッフが選んだJw-CADのおすすめ本を紹介してます。ご覧ください。

やさしく学ぶJw_cad 8

 

パソコンが苦手な方、初心者の方にもわかりやすいように、まずはJW-CADのダウンロードするところからわかりやすく解説しています。付録のCD-ROMにはJW-CADバージョン8がついているため、CD-ROMを読み込むだけですぐダウンロードし使い始めることが可能です。

基本操作として、「図面の保存の仕方」「文字・寸法の記入」「基本図形の作図」等家具や部屋の平面図の書き方を学ぶことができます。また、平面図等の建物図面だけでなく敷地図の書き方等も収録しているため1冊で基本から応用まで学ぶことができる1冊です。

↓ JW-CAD関連の本を多数紹介↓

https://www.cad-trace.net/book_cat/book-jwcad/

 

『Jw-CAD』の使い方

No.記事タイトル
1画面・基本設定について
2線を引いてみよう①(線種の設定や変更など)
3線を引いてみよう②(クロックメニューなど)
4線を引いてみよう③(矢印など)
5図形の書き方・ソリッド 色変更
6文字を書く(大きさ・移動・整列・文字化け)
7図形の移動・複写
8レイヤー分け・変更・移動
9コーナー処理、面取処理
10ブロック化と消去・解除方法
11線の伸縮・寸法線・寸法設定
12Windowsの操作(保存・印刷・枠線・ショートカット)
13インストール手順と自動保存設定
14jw_cadとauto cad変換と拡張子
15カラー印刷とPDF化 Wordへの挿入方法
16文字の色と大きさの変更
17塗りつぶし(ソリッド)の方法
18網掛け(ハッチ)の方法
19図形の移動方法
20図面のプリンタ設定と印刷方法
21線や文字色の変更方法
22図面をUSBへ保存する方法
23円を描く方法
24埋め込み文字の設定方法
25円の塗りつぶし色の設定・変更
26エクセルへの貼り付け方法
27円弧の描き方
28おすすめ設定
29縮小・拡大
30曲線の描き方
31寸法
32クロックメニュー
33雲マークの描き方
34三角形の作成方法
35左右反転
36ショートカットキー一覧
37線長・線角の測定方法
38中心線の描き方
39グリッドの設定・作成方法
タイトルとURLをコピーしました