建築図面トレース・青図・野帳のCADデータ化の外注・下請歓迎

『Jw-cad』の使い方 | 文字を書く(大きさ・移動・整列・文字化け)

今度は文字を書いていきます。

 

文字は図面の中でもコメントを書くにあたり必要な要素です。ひとえに文字を書くといっても文字のサイズや色など何かと設定がついて回りますので基本から覚えていきましょう。

文字を書いてみよう

 

先ずは文字入力コマンドを起動させましょう。

 

 

実際に文字を書いてみます。(文字を書いてみましょう、と書いてみます)

 

 

 

こんな感じで文字を書くことが出来ました。単純に文字を書くだけであればこれでOKです。

 

ただし、実際は図面に合わせて文字サイズや字体、また縦書・横書など使い分ける必要が出てくるケースがあります。

 

例えば下記図面の「ピローブロック」という文字は図中の他の図と比較すると、小さく表示されていて非常に見にくいです。

 

 

この表示をもう少し大きくしてみます。先ずは現在の文字サイズを確認しましょう。

 

 

W=0.5とH=0.5をもう少し大きな数字にして文字サイズの調整をしましょう。文字属性の設定画面を出してそこから文字サイズを変更します。

 

 

幅を0.5→1.0に、高さも0.5→1.0に修正します。修正したらOKボタンをクリックします。

 

すると今まで文字サイズ幅=0.5、高さ=0.5の文字がそれぞれ幅も高さも1.0サイズに変更されます。

 

 

今回はサイズの変更だけ行いましたが、色もパターン変更可能です。

 

色NO項目の数字は線属性の設定時に反映される色NOと同じです。例えば色NO.1は水色、色NO.5は紫色です。

 

また任意サイズの項目に任意の数字を入力しましたが、あらかじめ設定しておけば事前に設定した文字サイズと色のパターンを10パターン登録しておけます。これはメニューバーの中から設定→基本設定→文字タブから登録・変更可能です。

 

 

また、サイズや色だけではなく他の設定も変更可能です。書込み文字種変更ダイアログより、各項目にチェックを入れるとその設定が反映されます。

 

書込み文字種変更のダイアログ

 

 

フォント・・・文字体の設定を行います。
斜体・・・斜体文字にします。
太字・・・太字文字にします。
角度継続・・・以前に行った文字作成で角度をつけていた場合に、その角度設定をリセットさせずに継続します。
フォント読取・・・選択した文字についてフォントの読取までします。

 

設定が出来たら最後に「OK」をクリックしましょう。

 

使用する文字の目的に合わせて設定を変えましょう。使用する文字パターンが予め決まっているのなら登録してしまいしょう。

 

他の設定を文字に反映させよう

 

 

上図の黄色枠(下に拡大します)の設定を行い、さらに文字の使用方を拡充しましょう。

 

 

水  平・・・文字表示角度を0度にします。
垂  直・・・文字表示角度を90度にします。
角  度・・・任意に表示角度を変更できます。
範囲選択・・・選択する範囲をマウスを使い任意に決められます。選択した範囲内の文字が対象になります。
基  点・・・クリックすると下記ダイアログが表示され文字基点の設定が出来ます。

 

 

デフォルトでは「左下」設定ですが、例えば「中中」にすると入力した文字の真ん中をマウスのアイコンがキャッチします。

 

さらに微妙な位置調整を行う場合は「ずれ使用」にチェックを入れ、ずれの寸法を入力していきます。

 

下線作図、上線作図、左右縦線については下記のとおりです。

 

下線作図・・・入力した文字に下線を付加します。

 

 

上線作図・・・入力した文字に上線を付加します。

 

 

左右縦線・・・入力した文字に左右縦線を付加します。

 

 

つまり全てにチェックを入れると文字を四角で囲う事が出来ます

 

行間・・・「2,5」や「3,4」というようにカンマで区切って数値を入力します。最初の数値が行間の数値、後の方が列間の数値です。「行間,列間」行間に数値入力で縦方向、列間は横方向に間隔を取ります。

 

縦字・・・文字自体を90度傾けます。

 

 

連 ・・・文字データと文字データとの連結、文字データの移動、一つの文字データの中で文字の切断を行います。

 

連結・・先ず連結させたい元の文字データを左クリックして連結させたい文字データを左or右クリックで連結完了です。一つの文字データになります。(連結時の左クリックは複写、右クリックは移動)

       
移動・・・移動させたい文字をダブルクリックして移動先を指示します。この時左クリックで任意点、右クリックで端点に移動します。

 

切断・・・切断したい文字上で右クリックをします。その場所で文字が二つに切断されます。例)「サンプル」→「サンプ」+「ル」の2つのデータになります。

 

文字読・・・外部のテキストファイル(.txt形式)を読込み、文字として作成します。文字読 をクリックでファイルを開く操作に移行します。

 

文字書・・・選択している文字データを外部へとテキストファイル形式で保存します。文字を選択すると 文字書 が有効になります。

  
貼 付・・・クリップボード上に保存されている文字をjw_cad上に展開します。何もコピーされていない状態では 貼付 は有効になりません。

 

文字化けに気を付けよう

 

例えばAUTO-CADで作成した .dxfファイルをjw_cadで展開した際には文字化けする事があります。同じファイル形式でも使用ソフトが違うと、このような事が起こり得るので他者からもらったCADデータは中身の確認をしっかりしましょう。

 

文字化けもそうですが、図面の縮尺次第では文字サイズの関係で読めない等もあり得ます。

 

CADを使用している方なら永遠のテーマかもしれません。気を付けましょう!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました