建築図面トレース・青図・野帳のCADデータ化の外注・下請歓迎

『Jw_cad』の使い方 | ブロック化と消去・解除方法

ブロック化とは各パーツ(線や円、文字など)を一つの図形として扱う操作の事を指します。このブロック化を行う事で、ある一部分を不要に消してしまったりなどの誤操作を防ぐ事が可能になります。また、複数のレイヤーに分けていた各パーツは一つのレイヤーに集約されることになります。

実際に下記にてブロック化する方法、消去・解除方法を説明します。

操作本を横に置いておきたい人は、職工所スタッフが厳選したJW-CADソフトのお役立ち本をご紹介してますのでご覧ください。

JW-CADの基礎知識

※タップで各カテゴリページが開きます。

 
 

JW-CADを学ぶ・極める本

職工所スタッフ厳選のよく売れているJW-CADの本を集めてみました。下の記事では、専門性や参考度などをランキング化(★5つ)して紹介。「 JW-CADの本おすすめ人気ランキング10選 」も参考に‼

↓タップしてAmazonで確認する↓



img src=”https://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=archestamazon-22&language=ja_JP&l=li1&o=9&a=4767822130″ width=”1″ height=”1″ border=”0″ alt=”” style=”border:none !important; margin:0px !important;” />






ブロック化してみよう

ある図形に対して普通に範囲指定をするとその指定範囲内にあるパーツが選択されます。例えば下の図形に対して左半分だけ範囲指定をしたとします。

左半分だけ範囲指定

赤線の実が対象として選択される

 

上図のように選択されるのでこの状態で例えば移動コマンドを行うと、この選択された赤線のみが移動の対象となります。

この図形をブロック化して一つの図形としてしまうと上の操作でもパーツ個別に選択されることはありません。

では実際にブロック化の操作をしていきます。先ずはブロック化させたい図形を範囲選択します。(サンプル、という文字も対象にするため右クリックで範囲選択します)

ブロック化させたい図形を範囲選択

 

その上で「②BL化」をクリックするだけです。

そうすると、下の画面が出てきますのでブロック名を入力してOKをクリックします。(仮にブロック1と入力します)

ブロック名を入力してOKをクリック

 

これでブロック化は完了です。

ブロック化は完了

 

上図のように見た目には特に何も変わりませんが、あるパーツだけを範囲選択したとしても、それは有効にならず全てを範囲選択して初めて一つの図形として選択されます。

つまり不用意にこの図形の一部分だけを誤って消してしまったりする事はありません。

また、それぞれのレイヤーで各パーツを作成していたので、ブロック化前には各レイヤーにデータが存在していましたが一つのレイヤーに集約されました。

レイヤー表示を見てみましょう。

ブロック化前

 

ブロック化後

 

ブロック化前には⓪・①・②・③それぞれのレイヤーにパーツデータを存在させていましたが、ブロック化後に一つの図形とした後には⓪レイヤーに集約されました。

ブロック化後にレイヤーの集約が行われましたが、これを行わずもともとのレイヤーにパーツデータを残す場合には「BL化」をクリックした後に出るダイアログボックスで「元データのレイヤを優先する」にチェックを入れておけばOKです。

「元データのレイヤを優先する」にチェック

 

ブロック化された図形のブロック化解除をしてみよう

ブロック化した図形を元のそれぞれのパーツデータに戻すことも出来ます。やり方は簡単でそのブロック化された図形を選択して「BL解」をクリックです。

「BL解」をクリック

 

これでブロック化された図形データは解除され、それぞれのパーツデータに戻りました。ただし、もともとあったレイヤーに戻る事にまでは成りません。

「BL解」はブロック化された図形を選択して初めてクリック有効になります。

その他のブロック機能

「BL属」

ブロック化したときにも出てきたダイアログボックスが出現します。

「BL属」

 

チェックを入れてレイヤー管理をしましょう。

「BL編」

ブロック化した図形データの編集を行います。下記のダイアログボックスが出現します。

「BL編」

 

ブロック名
ブロック化した際に設定したブロック名が表示されます。変更する場合は、名前を修正後「ブロック名変更」をクリックします。

今回はブロック図一つで説明してきましたが、ブロック図が複数ある場合はその変更の反映を全てに行うか選択したブロックにのみに行うかをチェックを入れて設定します。

「BL解」同様にブロック化された図形を選択して初めてクリック有効になります。

消去機能を利用しよう

作成した図形を消去するコマンドです。図面を作成していく中で必ずと言っていいほど使うコマンドです。ただ、基本的な使い方は左クリックor右クリックを使用していくだけで運用上は概ね済んでしまいます。簡単なので覚えていきましょう。

例えば下図の紫丸で囲んだ線を消していきます。(非ブロック図)

紫丸で囲んだ線を消す

 

「消去」をクリックして消去コマンドにします。その後、消したい線上にて右クリックを実行します。

消したい線上にて右クリックを実行

 

線全てを右クリックで消去しましたが、部分的に消去をする事が出来ます。

部分的に消去をする事が出来る

 

「赤丸」から「青丸」までを消去してみます。

「赤丸」から「青丸」までを消去

 

「赤丸」及び「青丸」は端点なので、右クリックで始点終点を決定してみます。

右クリックで始点終点を決定

 

その他消去の操作について

操作① 複数消去するパーツがある場合には一パーツずつ消していくと非常に時間が掛かります。そんな時は消去したい箇所を範囲指定してから「消去」をクリックするとその対象はまとめて消去されます。

操作② 文字は左クリックでは消えないので、右クリックで消去しましょう。

操作③ 消去しようとするパーツがブロック図形だった場合は「ブロック図形です」と表示が出て消去は実行されません。右クリックであれば消去出来ますが、ブロック図なのでその図形まるごと消えることになります。

 

『Jw-CAD』マスターに役立つ本

職工所スタッフが選んだJw-CADのおすすめ本を紹介しています。参考にしてください。

やさしく学ぶJw_cad 8

パソコンが苦手な方、初心者の方にもわかりやすいように、まずはJW-CADのダウンロードするところからわかりやすく解説しています。付録のCD-ROMにはJW-CADバージョン8がついているため、CD-ROMを読み込むだけですぐダウンロードし使い始めることが可能です。基本操作として、「図面の保存の仕方」「文字・寸法の記入」「基本図形の作図」等家具や部屋の平面図の書き方を学ぶことができます。また、平面図等の建物図面だけでなく敷地図の書き方等も収録しているため1冊で基本から応用まで学ぶことができる1冊です。

 

Amazonで現在売れているjw-cad関連の本を確認する

 

職工所スタッフがJW-CADがテーマのおすすめの本を10冊ほど紹介しています。参考にしてください。

 

JW-CADの使い方講座

JW-CADの基本操作から応用まで、実際の画面をもとに機能説明、操作方法を解説しています。

No.記事タイトル
1画面・基本設定について
2線を引いてみよう①(線種の設定や変更など)
3線を引いてみよう②(クロックメニューなど)
4線を引いてみよう③(矢印など)
5図形の書き方・ソリッド 色変更
6文字を書く(大きさ・移動・整列・文字化け)
7図形の移動・複写
8レイヤー分け・変更・移動
9コーナー処理、面取処理
10ブロック化と消去・解除方法
11線の伸縮・寸法線・寸法設定
12Windowsの操作(保存・印刷・枠線・ショートカット)
13インストール手順と自動保存設定
14jw_cadとauto cad変換と拡張子
15カラー印刷とPDF化 Wordへの挿入方法
16文字の色と大きさの変更
17塗りつぶし(ソリッド)の方法
18網掛け(ハッチ)の方法
19図形の移動方法
20図面のプリンタ設定と印刷方法
21線や文字色の変更方法
22図面をUSBへ保存する方法
23円を描く方法
24埋め込み文字の設定方法
25円の塗りつぶし色の設定・変更
26エクセルへの貼り付け方法
27円弧の描き方
28おすすめ設定
29縮小・拡大
30曲線の描き方
31寸法
32クロックメニュー
33雲マークの描き方
34三角形の作成方法
35左右反転
36ショートカットキー一覧
37線長・線角の測定方法
38中心線の描き方
39グリッドの設定・作成方法
40属性取得

CADトレース職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました