建築図面トレース・青図・野帳のCADデータ化の外注・下請歓迎

『Jw_cad』の使い方 | 図面をUSBへ保存する方法

作成した図面は最後に必ず保存しますよね。

保存先は任意に選択する事が出来ますのでパソコン上のローカルドライブに保存したり、外部接続のUSBメモリに保存したり色々な選択肢があります。

今回はUSBメモリをパソコンに接続してそのメモリ上に保存する方法を説明します。

操作本を横に置いておきたい人は、職工所スタッフが厳選したJW-CADソフトのお役立ち本をご紹介してますのでご覧ください。

メモリスティックのドライブを確認しよう

データを保存する際にはその保存先のドライブを選択する必要があります。通常、パソコンのローカルドライブは(C)ドライブか(D)ドライブです。

(C)がシステムやアプリケーション、(D)が動画や画像などのファイルを主に格納します。

USBメモリは既に存在するそれ以外のドライブに割り当てられます。確認方法は、メモリスティックを空いているUSBに挿し込んでみればわかります。

 

上記のようにPCというドライブを開くと、挿し込んだメモリスティックのドライブが表示されます。上の場合では、接続したメモリスティックが(F)ドライブという事がわかります。

OSによっては「PC」ではなく「コンピュータ」という名称の場合もあります。

ここでは、USBメモリを(F)ドライブという認識で説明を進めていきます。

USBドライブにデータを保存しよう

作成したデータを保存する場合、まずはメニューバーのファイルから保存操作を行います。

 

今回は「DXF形式」で保存をしてみます。

 

(F)ドライブが保存先の中に選択肢として表示されています。この(F)ドライブを選択して保存してあげればUSBメモリに保存されたことになります。

 

上図のように紫〇の+の箇所を左クリックするか紫矢印で指したフォルダのアイコンをダブルクリックするとその(F)ドライブの中身が展開されます。

 

この(F)ドライブの直下に保存するよう進めていきます。そのまま「新規」をクリックします。すると保存するためのダイアログが表示されるので従って先に進めます。

 

これでデータ保存作業は完了です。念のため、指定のメモリスティックに正しく保存されているか確認してみます。

 

(F)ドライブはUSBメモリのドライブだったので、間違いなくUSBメモリに対象のCADデータが保存されたことがわかります。

メモリスティックのドライブ名は使っているパソコンや使っている外部メモリの数によって変わりますよ。

『Jw-CAD』マスターに役立つ本

職工所スタッフが選んだJw-CADのおすすめ本を紹介してます。ご覧ください。

やさしく学ぶJw_cad 8

 

パソコンが苦手な方、初心者の方にもわかりやすいように、まずはJW-CADのダウンロードするところからわかりやすく解説しています。付録のCD-ROMにはJW-CADバージョン8がついているため、CD-ROMを読み込むだけですぐダウンロードし使い始めることが可能です。

基本操作として、「図面の保存の仕方」「文字・寸法の記入」「基本図形の作図」等家具や部屋の平面図の書き方を学ぶことができます。また、平面図等の建物図面だけでなく敷地図の書き方等も収録しているため1冊で基本から応用まで学ぶことができる1冊です。

↓ JW-CAD関連の本を多数紹介↓

JW-CADがテーマの為になるおすすめ本(書籍) 【不定期更新中】

 

『Jw-CAD』の使い方

No.記事タイトル
1画面・基本設定について
2線を引いてみよう①(線種の設定や変更など)
3線を引いてみよう②(クロックメニューなど)
4線を引いてみよう③(矢印など)
5図形の書き方・ソリッド 色変更
6文字を書く(大きさ・移動・整列・文字化け)
7図形の移動・複写
8レイヤー分け・変更・移動
9コーナー処理、面取処理
10ブロック化と消去・解除方法
11線の伸縮・寸法線・寸法設定
12Windowsの操作(保存・印刷・枠線・ショートカット)
13インストール手順と自動保存設定
14jw_cadとauto cad変換と拡張子
15カラー印刷とPDF化 Wordへの挿入方法
16文字の色と大きさの変更
17塗りつぶし(ソリッド)の方法
18網掛け(ハッチ)の方法
19図形の移動方法
20図面のプリンタ設定と印刷方法
21線や文字色の変更方法
22図面をUSBへ保存する方法
23円を描く方法
24埋め込み文字の設定方法
25円の塗りつぶし色の設定・変更
26エクセルへの貼り付け方法
タイトルとURLをコピーしました