建築図面トレース・青図・野帳のCADデータ化の外注・下請歓迎

『AutoCAD』の使い方 | 曲線を描く

この記事では、AutoCADを使用して建築図面を作成する為の基本的な操作方法について説明します。今回の記事は、曲線の描き方です。AutoCADで主に使用する曲線は、円、円弧、楕円、スプラインの4種類です。1つずつ順番に解説します。

 

円の描き方

いずれかの操作で実行可能です
・リボンメニュー「ホーム」→「作成」
・フルコマンド「CIRCLE」を入力してEnterキー
・エイリアス「C」を入力してEnterキー

エイリアスでの実行方法として主に解説します。

①エイリアス[C]をコマンドラインに入力します。

 

②円の中心点を左クリックします。

 

③円の半径を入力します。

 

これで円が作成できました。

 

円弧の描き方 自由円弧

いずれかの操作で実行可能です
・リボンメニュー「ホーム」→「作成」
・フルコマンド「ARC」を入力してEnterキー
・エイリアス「A」を入力してEnterキー
①エイリアス[A]をコマンドラインに入力します。
 
 
 
②円弧の端点となる起点を左クリックします。
 
 
③2点目を左クリックします。この2点目は円が必ず通過する点となります。
 
 
 
④円弧のもう一つの端点となる終点を左クリックします。
 
 

これで、円弧が作成できました。

 

円弧の描き方 中心指定

円弧のコマンドは、どちらかというとこっちの方法を良く使います。建築に特化した仕様方法ですが、この方法によって平面図上の扉の表現を素早く作成できます。準備として、AutoCADの水平・垂直機能をONにしておきます。[F8]キーでオン・オフの切り替えが可能です。

①エイリアス[A]をコマンドラインに入力します。

②続いてコマンドラインに[C]を入力します。これで、円弧の中心点を指定できます。

 

③円弧の中心点を左クリックします。

④数値を入力できますので、中心点から右側にマウスを移動し、[800]と入力しましょう。

 
⑤数値を入力後、マウスを上に移動します。
 

⑥1/4の円が表示されたら、その時点で左クリックします。

これで、1/4の円弧が作成できました。あとは、円弧の端点から垂直に800の線を描けば、幅が800mmの扉を表現できます。

 

 

楕円の描き方

いずれかの操作で実行可能です
・リボンメニュー「ホーム」→「作成」
・フルコマンド「ELLIPES」を入力してEnterキー
・エイリアス「EL」を入力してEnterキー
①エイリアス[EL]をコマンドラインに入力します。
 

②楕円の片方の頂点となる基点を左クリックします。

③もう一方の頂点となる基点を左クリックします。

 
④高さ方向を左クリックで指定します。
 

これで楕円が作成できました。円弧と同じように、エイリアスを入力後、再度[C]を入力することで、楕円の中心点からコマンドを開始することも可能です。こちらも試してみてください。

 

スプラインの描き方

スプラインは、いわゆる自由曲線です。これは扱いが非常に難しく、かつデータも重くなりますので、図面として作成する上では、利用をあまりお勧めしませんが、曲線的なデザインを考える上では必要な機能ですので、紹介します。

いずれかの操作で実行可能です
・リボンメニュー「ホーム」→「作成」
・フルコマンド「SPLINE」を入力してEnterキー
・エイリアス「SPL」を入力してEnterキー
①エイリアス[SPL]をコマンドラインに入力します。
 
②一点目(起点)を左クリックします。
③以降、二点目、三点目を左クリックで指定します。スプラインは、このクリックした点を必ず通過する曲線となります。
 
④曲線の作図を終了したい場所で[Enter]キーを押します。
 
これでスプライン(自由曲線)が作成できました。
 
以上が、AutoCADの様々な曲線の作成方法となります。作図したい用途に合わせて、利用してみてください。本サイトでは、AutoCADの様々な使い方を紹介していますので、他の記事もぜひご覧になってください。
 
 

『AUTOCAD』マスターに役立つ本

職工所スタッフが選んだAUTOCADのおすすめ本を紹介してます。ご覧ください。

はじめて学ぶ AutoCAD LT 作図・操作ガイド

 

こちらの操作ガイド本は、基本操作から始まり、図面の書き方の前に図形の書き方や編集方法を学ぶことができます。何かをするためには、どんな方法、どんな手順があるのかをわかりやすく説明している本なので、自分が一番覚えやすい方法や使いやすい方法を選ぶことができます。AUTO_CADに始めて触れる方にはわかりやすい操作ガイド本になっています。

こちらのガイド本は、専門学校やスクール等でも参考書として使用されているため初心者の方にはオススメの1冊です。

↓ AUTOCAD関連の本を多数紹介↓

AUTOCADがテーマの為になるおすすめ本(書籍) 【不定期更新中】
『AUTOCAD』がテーマの為になるおすすめ本を現場スタッフが紹介します。 CADを使う業界にいらっしゃる方なら『AUTOCAD』の名前をよく耳にするのではないでしょうか。 実際に最近は、『AUTOCAD』を使用している企業も多く、キャドオペレーターの募集要項でも『AUTOCAD』が使えることが条件となっていることが多...

『AutoCAD』の使い方

No.記事タイトル
1作図基本① 線を描く(コマンド・線分・ポリライン)
2作図基本② 線を編集する(移動・複写・トリム・フィレット・エクステンドなど)
3作図基本③ レイヤーの設定と画層管理
4作図基本④ 寸法を描く(長さ・変更など)
5作図基本⑤ 文字を書く(マルチテキスト・プロパティパレットなど)
6ブロックの作成方法と活用方法
7モデル空間とペーパー空間を駆使する①
8モデル空間とペーパー空間を駆使する②
9図面を印刷する方法
10エイリアスの設定方法
11作図するモデルに合わせた尺度設定
12ハッチングを作成する
13UCS(ユーザー座標系)の設定方法
14汎用性の高い「from」コマンド
15印刷テーブルの設定方法
16雲マークの作成方法
17右クリックの設定方法
18ワイプアウトを作成する
19バックアップと自動保存
20曲線を描く
21オブジェクトを等分割する
22グループを作成する
タイトルとURLをコピーしました