建築図面トレース・青図・野帳のCADデータ化の外注・下請歓迎

『AutoCAD』の使い方 | ワイプアウトを作成する

この記事では、AutoCADを使用して建築図面を作成する為の基本的な操作方法について説明します。

今回の記事では、ワイプアウトの作成方法を解説します。

ワイプアウトとは?

ワイプアウト(wipe out)とは「消す、一掃する」などの意味を持つ英熟語ですが、その意味通り、画面上で背面にある図形や文字を消してしまう機能です。

実際には背面の図形や文字を削除するわけではなく、背景と同色のフレームで覆い隠しているだけになります。そのため、細かい図面の中に文字を記入する際など、背景の図面を部分的に目隠ししたい時などに利用します。

あくまでも「目隠し機能」であり、作成しているオブジェクトを削除しているわけではない点が、ワイプアウトを利用するメリットとなります。

ワイプアウト

 

ワイプアウトの作成方法① 任意の多角形で作成する

いずれかの操作でも実行可能
・リボンメニュー「ホーム」→「作成」→「ワイプアウト」
・フルコマンド「WIPEOUT」を入力してEnterキー
・エイリアスは設定されていません。

リボンメニューで解説します。

① リボンメニュー「ホーム」→「作成」→「ワイプアウト」を左クリックして、ワイプアウトコマンドを実行します。

ワイプアウトコマンドを実行

 

② 覆い隠したい部分を任意の点(P1~P4)で囲みます。複数の任意の点が指定可能です。

覆い隠したい部分を任意の点(P1~P4)で囲む

 

③ [Enter]キーを押すと、その時点までで指定した点を結んだ図形が作成され、コマンドは完了します。作成した図形がワイプアウトとなります。

[Enter]キーを押すとコマンドは完了

 

以上がワイプアウトを作成する基本的な方法です。

ワイプアウトの作成方法② ポリラインをワイプアウトに変更する

ワイプアウトの基本的な作成方法を紹介しましたが、既に作成しているポリラインをワイプアウトに変換することも可能です。

① 先程と同様な手順になりますが、事前に四角形を作成します。※この四角形は、ポリラインで作成してください。

四角形を作成

 

② リボンメニュー「ホーム」→「作成」→「ワイプアウト」を左クリックして、ワイプアウトコマンドを実行します。
③ コマンドラインに[1点目を指定または]と記載されています。この、[または]という記載があるコマンドでは、キーボードの下矢印キーを押すことで、コマンド内のメニューが表示されます。下矢印キーを押し、ポリラインを選択します。

ポリラインを選択

 

④ ポリラインを選択できるようになりますので、左クリックで先ほど作成した四角形を選択します。

左クリックで四角形を選択

 

⑤ [元のポリラインを削除しますか?]と問われるので、作成しているポリラインを残しておく場合は、[いいえ]を、作成しているポリラインをワイプアウトに完全に変換する場合は[はい]を選択します。[Enter]キーを押してコマンド完了です。ここでは、[いいえ]を選択して[Enter]キーを押します。

[いいえ]を選択して[Enter]キーを押す

 

ポリラインを残すと、作成したポリラインと同じ形状のワイプアウトが、新たに作成されます。ワイプアウトが、ポリラインとの重なり部分を隠しているのがわかると思います。

作成したポリラインと同じ形状のワイプアウトが新たに作成されている

 

ワイプアウトのフレームを非表示にする方法

ワイプアウトのフレーム部分は初期設定のままでは印刷されてしまいます。そこで、ワイプアウトのフレームを消すその方法を解説します。

ワイプアウトのフレームを消すその方法

 

やり方は簡単です。ポリラインをワイプアウト化したのと同じ様な手順で変更できます。

① リボンメニュー「ホーム」→「作成」→「ワイプアウト」を左クリックして、ワイプアウトコマンドを実行します。
② [フレーム]を左クリックします。

 

③ [表示]、[非表示]、[表示するが印刷しない]のいずれかを選択して、[Enter]キーを押して設定完了です。

[表示]、[非表示]、[表示するが印刷しない]のいずれかを選択し、[Enter]キーを押す

 

初期設定では、[表示]になっています。

[非表示]にすると、AutoCADの操作画面上でワイプアウトを見つけることが困難になる為、印刷時にワイプアウトフレームを非表示にしたい場合は、[表示するが印刷しない]がおすすめです。

ワイプアウトの作成方法の紹介は以上となります。

『AUTOCAD』マスターに役立つ本

職工所スタッフが選んだAUTOCADのおすすめ本を紹介してます。ご覧ください。

はじめて学ぶ AutoCAD LT 作図・操作ガイド

 

こちらの操作ガイド本は、基本操作から始まり、図面の書き方の前に図形の書き方や編集方法を学ぶことができます。何かをするためには、どんな方法、どんな手順があるのかをわかりやすく説明している本なので、自分が一番覚えやすい方法や使いやすい方法を選ぶことができます。AUTO_CADに始めて触れる方にはわかりやすい操作ガイド本になっています。

こちらのガイド本は、専門学校やスクール等でも参考書として使用されているため初心者の方にはオススメの1冊です。

↓ AUTOCAD関連の本を多数紹介↓

https://www.cad-trace.net/book_cat/book-autocad/

『AutoCAD』の使い方

No.記事タイトル
1作図基本① 線を描く(コマンド・線分・ポリライン)
2作図基本② 線を編集する(移動・複写・トリム・フィレット・エクステンドなど)
3作図基本③ レイヤーの設定と画層管理
4作図基本④ 寸法を描く(長さ・変更など)
5作図基本⑤ 文字を書く(マルチテキスト・プロパティパレットなど)
6ブロックの作成方法と活用方法
7モデル空間とペーパー空間を駆使する①
8モデル空間とペーパー空間を駆使する②
9図面を印刷する方法
10エイリアスの設定方法
11作図するモデルに合わせた尺度設定
12ハッチングを作成する
13UCS(ユーザー座標系)の設定方法
14汎用性の高い「from」コマンド
15印刷テーブルの設定方法
16雲マークの作成方法
17右クリックの設定方法
18ワイプアウトを作成する
19バックアップと自動保存
20曲線を描く
21オブジェクトを等分割する
22グループを作成する
23配列複写を実行する
24面積を確認する
25レイヤーの表示・非表示・ロックを簡単操作!
26画像・PDFの挿入方法
27外部参照を利用する
タイトルとURLをコピーしました