建築図面トレース・青図・野帳のCADデータ化の外注・下請歓迎

『AutoCAD』の使い方 | 面積を確認する

この記事では、AutoCADを使用して建築図面を作成する為の基本的な操作方法について説明します。今回は、面積の確認方法の解説です。AutoCADで面積を確認する方法は幾つかあります。それぞれを紹介していきます。

 

※このサイトは広告が含まれております。リンク先の他社サイトにてお買い求めの商品、サービス等について一切の責任を負いません。

面積算定図を作成する

これは、実際の建築図面を作成する際に使用する正式な手法で、必要な操作は、寸法を作成することです。寸法の描き方は、別記事「寸法を描く」で紹介しています。

四角形の縦と横にそれぞれ寸法を記入し、面積を実際の掛け算にして計算します。

下の例では、四角形の縦×横が、7m×5mということがわかります。ですので、7×5で35㎡という面積が求められます。建築図面では、これを多数作成して、建物全体の面積を求めます。

ポリラインで閉じた四角形を作成する。

ポリラインで四角形を作成することで、プロパティパレット上に面積が記載されます。
プロパティパレットはコマンドラインに「PROPERTIES」と入力することで表示可能です。

 

早速、ポリラインで先ほどと同じように、7m×5mの四角形を作成してみましょう。ポリラインの作成方法は、別記事「線を描く」で紹介しています。作成した四角形を選択して、プロパティパレットの面積欄を確認します。単位は平方ミリメートルなので、㎡で確認する為には、6桁移動する必要がありますが、見慣れれば間違えることは少ないです。

 

ハッチングで面積を作成する

こちらも、ポリライン作成と同じように、プロパティパレットに面積が表示されます。ただし、ポリラインと違い、纏めてハッチングされている部分の面積を全て計算してくれるので、例えば、2つの四角形を纏めてハッチングすることにより、2つの四角形の面積を確認できます。ハッチングの作成方法は、別記事「ハッチングを作成する」で紹介しています。

先程作成した、7m×5mの四角形をコピーして、2つにしましょう。この2つのオブジェクトにハッチングをします。このとき、別々にハッチングを行うのではなく、纏めてハッチングをすることに注意しましょう。作成されたハッチングを選択し、プロパティパレットの累計面積を確認します。7m×5mのオブジェクトが2つあるので、70㎡の面積となります。

 

ハッチングを別々に作成した場合でも、それぞれのハッチングを複数選択することで、[累計面積]で合計面積を確認することが可能です。

以上が、面積の確認方法の紹介でした。

正式な求積図である寸法での計算は、計算式を作成する為時間がかかってしまいます。簡易的な算定は、ポリラインやハッチング等で確認できると、非常に効率的です。

本サイトでは、AutoCAD の様々な使い方を紹介していますので、他の記事もぜひご覧になってください。

 

 

AUTOCADを学ぶ・極める本

職工所スタッフ厳選のよく売れているAUTOCADの本を集めてみました。下の記事では、専門性や参考度などをランキング化(★5つ)して紹介。「 AUTOCADの本おすすめ人気ランキング10選 」も参考に‼

↓タップしてAmazonで確認する↓

 

 

 
 

CADトレース職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました