建築図面トレース・青図・野帳のCADデータ化の外注・下請歓迎

『AutoCAD』の使い方 | 汎用性の高い「from」コマンド 

この記事では、AutoCADを使用して建築図面を作成する為の基本的な操作方法について説明します。今回の記事では、[from]というコマンドを解説します。

このコマンドは、他の記事で解説しているような、いわゆるAutoCADの線を引く等のコマンドではありません。様々なコマンドの実行中に利用できる、補助コマンドとして存在しています。とても使い勝手の良いコマンドですので、ぜひ覚えてみてください。

操作本を横に置いておきたい人は、職工所スタッフが厳選したAUTOCADソフトのお役立ち本をご紹介してますのでご覧ください。

基点を再設定する

[from]コマンドの機能は[基点の再設定]です。図面を描いていると、ある場所から幾つ離れた位置に線を引くということが多々あります。

例えば、次の画像のように、線P1を一番右にある赤色の一点鎖線から、1000の位置に移動させたいとします。移動させた場所を仮で点線にて描いていますが、この線の位置にP1を描きたいという状況です。

基点を再設定する

 

この時、赤色の一点鎖線と、今描かれているP1の距離がわかれば、もう少し移動させて1000mmとすることが出来ますが、P1の位置がしっかりと定まっていないと、数値で管理することも難しいです。

このような場合、点線の位置に線を描く為には幾つか方法が在ります。

例えば、一点鎖線に重ねて線を引いて移動する。P1は削除する。P1を一点鎖線の上に移動させて、再度一点鎖線から1000mm移動させる等です。

今伝えた2つの方法は、どちらも手順が2つあります。[from]コマンドの機能は、この操作を1つの手順(コマンド内)に収める方法です。

実際に操作すれば、非常に簡単なので、操作方法を解説します。

① 移動コマンド[MOVE]を実行し、黄色の一点鎖線とP1の交点を基点とします。

移動コマンド[MOVE]を実行

 

② [目的の点を指定]となりますので、キーボードで「from」と入力します。

「from」と入力

 

③ 再度、基点を指定できるので、赤色の一点鎖線と黄色の一点鎖線の交点であるP2を左クリックします。

赤色の一点鎖線と黄色の一点鎖線の交点であるP2を左クリック

 

④ また点を指定できるので、キーボードで「1000」と入力し、[Enter]キーで確定します。

「1000」と入力し、[Enter]キーで確定

 

⑤ 点線の位置にP1を移動させることが出来ました。

完成

 

様々なコマンドに利用できる[from]

先ほどの作業で、[from]コマンドの利用方法は、おおよそ理解できたのではないでしょうか。

本来であれば、移動というコマンドは、オブジェクトをある地点から別の地点へ移動させるだけのコマンドですが、そこに[from]コマンドを組み合わせることで、移動の基点をさらに指定することが可能となります。

これだけの動作で、指定したオブジェクトを、ある地点から別の地点へ移動する作業に変えることができるので、1つのコマンドで先ほどの例のように移動を実行できます。

さて、このコマンドですが、移動コマンド以外に、コピー(複製)とストレッチコマンドにも利用できます。

コピーとストレッチコマンドについては、別記事「作図基本② 線を編集する」で解説しています。コピーもストレッチも、操作方法は先ほどの解説と同じで、オブジェクトの基点を選択した後に、「from」を入力することで、再度基点を選べるようになります。

因みに補足ですが、コマンドとしては[from]ですが、「fro」までの入力で、機能を実行することが可能です。

[from]コマンドの解説は以上となります。

実際の作図に慣れてないと、この機能の使い勝手はなかなか見つけにくいかもしれません。新たに描くというよりも、編集することに特化したコマンドです。

壁の位置を動かしたり、建具(扉や窓)の位置を動かしたりと調整する場合に、この[from]コマンドはとても便利ですので、ぜひ覚えてみてください。

『AUTOCAD』マスターに役立つ本

職工所スタッフが選んだAUTOCADのおすすめ本を紹介してます。ご覧ください。

はじめて学ぶ AutoCAD LT 作図・操作ガイド

 

こちらの操作ガイド本は、基本操作から始まり、図面の書き方の前に図形の書き方や編集方法を学ぶことができます。何かをするためには、どんな方法、どんな手順があるのかをわかりやすく説明している本なので、自分が一番覚えやすい方法や使いやすい方法を選ぶことができます。AUTO_CADに始めて触れる方にはわかりやすい操作ガイド本になっています。

こちらのガイド本は、専門学校やスクール等でも参考書として使用されているため初心者の方にはオススメの1冊です。

↓ AUTOCAD関連の本を多数紹介↓

AUTOCADがテーマの為になるおすすめ本(書籍) 【不定期更新中】
『AUTOCAD』がテーマの為になるおすすめ本を現場スタッフが紹介します。 CADを使う業界にいらっしゃる方なら『AUTOCAD』の名前をよく耳にするのではないでしょうか。 実際に最近は、『AUTOCAD』を使用している企業も多く、キャドオペレーターの募集要項でも『AUTOCAD』が使えることが条件となっていることが多...

『AutoCAD』の使い方

No.記事タイトル
1作図基本① 線を描く(コマンド・線分・ポリライン)
2作図基本② 線を編集する(移動・複写・トリム・フィレット・エクステンドなど)
3作図基本③ レイヤーの設定と画層管理
4作図基本④ 寸法を描く(長さ・変更など)
5作図基本⑤ 文字を書く(マルチテキスト・プロパティパレットなど)
6ブロックの作成方法と活用方法
7モデル空間とペーパー空間を駆使する①
8モデル空間とペーパー空間を駆使する②
9図面を印刷する方法
10エイリアスの設定方法
11作図するモデルに合わせた尺度設定
12ハッチングを作成する
13UCS(ユーザー座標系)の設定方法
14汎用性の高い「from」コマンド
15印刷テーブルの設定方法
16雲マークの作成方法
17右クリックの設定方法
18ワイプアウトを作成する
タイトルとURLをコピーしました