建築図面トレース・青図・野帳のCADデータ化の外注・下請歓迎

カメラとは何?(英語表記:camera) |CAD用語集

用語集のカテゴリ一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

カメラ

[かな] かめら [英語] camera

カメラとは、3Dモデル内において、現在での視点の位置を定義する事を言います。カメラについては、カメラ位置のXYZ各々の座標、そして目標のXYZ座標各々の座標、そして表示倍率を決める視野や、レンズ長によって決められています。

 

カメラ

 

ここではカメラについて解説していきます。

 

カメラアトリビュートについて

カメラアトリビュートは、カメラの基本的な設定を切り替えることが出来ます。

カメラアトリビュート

 

コントロール

カメラタイプを選択することが出来ます。

 

ビューアングル

ビュー アングルは、カメラの焦点距離の調整に応じて拡大縮小します。

 

焦点距離

焦点距離(Focal Length)の値を大きくすると、カメラ ビューがズーム インされ、ビュー内のオブジェクトのサイズが大きくなります。 焦点距離(Focal Length)の値を小さくすると、カメラ ビューがズーム アウトされ、ビュー内のオブジェクトのサイズが小さくなります。

 

カメラのスケール

シーンのサイズを基準としてカメラのサイズを設定します。

 

ニアクリッププレーン

パースビュー カメラまたは正投影カメラのニア クリップ プレーンの距離を表します。

 

ファークリッププレーン

パースビュー カメラまたは正投影カメラのファー クリップ プレーンの距離を表します。

 

カメラの作り方

カメラを作っていきましょう。メニューセットより作成→カメラ→カメラより作成します。

 

カメラを作成

 

作成したカメラ視点にするには、パネル→パースビューより、作成したカメラを選択します。

 

カメラ視点の変更

 

4面ビューに切り替え、どのビューでもいいのでカメラを移動させます。すると他のビューでもカメラが移動しています。複数のビューを見ながら作業することが多いので覚えておきましょう。

 

複数ビューでの作業

 

注視点を作る

注視点とは、カメラが向く方向のターゲットポイントのことを言います。この注視点を作ることによって、スムーズにカメラの向きを変えることが出来ます。

 

注視点

 

カメラのアトリビュートからコントロール→カメラおよびエイムを選びます。

 

注視点の作成

 

すると先端方向にマニピュレーターが出てくるのでこれを移動させることで、カメラの方向を変えることが出来ます。

マニピュレータによりカメラ方向を変更

 

横回転を制御

この機能は、カメラが向いている軸を基準に回転させることが出来ます。カメラのアトリビュートからコントロール→カメラ、エイム、アップを選びます。

 

カメラ、エイム、アップを選択

 

すると注視点を追加した時とは違い、カメラ上部にもマニピュレータが追加されました。このマニピュレータをx軸方向に移動することで、カメラの横回転を制御することが出来ます。

 

マニピュレータで横回転を制御

 

今回はMAYAにて説明しましたが、どの3Dソフトウェアにも関係しているので是非学んでみてください。

 

 

CAD関連のおすすめ本

CAD初心者の方におすすめの一冊。機械用・建築用・電気用CADの操作や機能から産業とのかかわりまで、幅広く紹介されています。

CAD関連本のランキング記事です。参考にしてください。

関連記事『JW-CAD』がテーマの為になるおすすめ本ランキング10選
関連記事『AutoCAD』がテーマの為になるおすすめ本ランキング10選
関連記事『VECTORWORKS』がテーマの為になる本おすすめ本ランキング10選
関連記事機械図面・製図を学ぶ方におすすめの本ランキング10選

 

その他のCAD用語
170を超えるCAD用語の解説をまとめてます。
お取引のお役に立てれば幸いです。ご覧くださいませ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

あ~お行のCAD用語

か~こ行のCAD用語

さ~そ行のCAD用語

た~と行のCAD用語

な~の行のCAD用語

は~ほ行のCAD用語

ま~も行のCAD用語

や~よ行のCAD用語

記事がありません。

ら~ろ行のCAD用語

わ行のCAD用語

A~Z、記号のCAD用語

記事がありません。

 
 

CADトレース職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました