建築図面トレース・青図・野帳のCADデータ化の外注・下請歓迎

フレームとは何?(英語表記:frame) |CAD用語集

フレーム

[かな] ふれーむ [英語] frame

フレームとは、映像の単一フレームの事を言います。映像は一秒間に複数枚の内容が違う画像を差し替え、滑らかに動いている様に見えるように出来ています。この映像を構成するフレーム一枚、一枚の事をフレームと呼びます。

 

フレーム

 

ここではフレームについて解説していきます。

 

フレームの詳細

フレームは、コマともよばれる。 少しずつ内容のちがう静止画を連続して表示することで、画のなかの対象が動いているように見せる技術である。 この映像を構成する1枚1枚の静止画のことをフレームとよぶ。

 

フレームの詳細

 

業界でよく使われるフレームレートの紹介

フレームレートとは一秒間にフレームを何枚切り替えるかの度合いを表す値のことをいいます。映画やゲームなどにより様々な物が存在するので紹介していこうと思います。

 

業界でよく使われるフレームレート

 

3〜5fps

3〜5fpsは一般的に防犯カメラや監視カメラに多いフレームレートになります。カクカクした映像が想像できると思いますが、24時間366日録画していると考えるとデータ容量からこのくらいが妥当だと考えられます。

 

3〜5fps

 

24(23.98)fps

一般的な映画に使用されているフレームレートです。何故24fpsなのか、それは人の目に丁度良いからです。過去にHobbitと言う映画が倍の48fps版で出ていましたが、撮影現場にいる様な感覚になってしまったそうです。というのはいくら突き詰めても演者の動きは演技に過ぎません。フレームレートが高くなるとその演じているのがばれてしまうのです。よって24fpsが主に使用されています。

 

24(23.98)fps

 

25fps

欧州のテレビやDVD(PAL圏内)にて使用されています。PALとは西ドイツで開発されたカラーテレビジョン方式をさしており、欧州のPAL採用国はこのフレームレートとなっています。

25fps

 

30(29.97)fps

日本のテレビやDVDに使用されているフレームレートです。

 

30(29.97)fps

  

50fps

欧州の4K・8kテレビやDVDに使用されているフレームレートです。

 

50fps

 

60(59.94)fps

日本の4K・8kテレビやDVDに使用されているフレームレートです。

 

60(59.94)fps

 

120(119.88)〜240fps

一部のスポーツ用途カメラやゲームや3D映画などに使用されているフレームレートです。

 

120(119.88)〜240fps

 

Mayaでフレームレートを変更

それではMayaでフレームレートを変更していきたいと思います。Mayaの画面右下にあるプルダウンをクリックすると下記の画像のように様々なフレームレートが出現します。

 

プルダウンをクリックでフレームレートを視認

 

以上になります。

 

 

CAD関連のおすすめ本

CAD初心者の方におすすめの一冊。機械用・建築用・電気用CADの操作や機能から産業とのかかわりまで、幅広く紹介されています。

CAD関連本のランキング記事です。参考にしてください。

関連記事『JW-CAD』がテーマの為になるおすすめ本ランキング10選
関連記事『AutoCAD』がテーマの為になるおすすめ本ランキング10選
関連記事『VECTORWORKS』がテーマの為になる本おすすめ本ランキング10選
関連記事機械図面・製図を学ぶ方におすすめの本ランキング10選

 

その他のCAD用語
170を超えるCAD用語の解説をまとめてます。
お取引のお役に立てれば幸いです。ご覧くださいませ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

あ~お行のCAD用語

か~こ行のCAD用語

さ~そ行のCAD用語

た~と行のCAD用語

な~の行のCAD用語

は~ほ行のCAD用語

ま~も行のCAD用語

や~よ行のCAD用語

記事がありません。

ら~ろ行のCAD用語

わ行のCAD用語

A~Z、記号のCAD用語

記事がありません。

用語集のカテゴリ一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 
 

CADトレース職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました