建築図面トレース・青図・野帳のCADデータ化の外注・下請歓迎

バンプマップとは何?(英語表記:bumpmap) |CAD用語集

用語集カテゴリの一覧

※タップ(クリック)で各カテゴリページを開きます。

バンプ マップ

[かな] ばんぷまっぷ [英語] bumpmap

バンプマップとは、オブジェクトにマップを施し、実際は平坦にもかかわらず、凹凸を作成したように見せかけるマップのことを言います。

 

バンプマップ

 

 

バンプマップ使用例

疑似的に凹凸を表現する際に使用します。

  • メッシュの凹凸は、データ量が多い為データ量の制限があるゲームに使用されることが多い

※近年ではノーマルマップが主流ですので使う頻度は少なくなってきています。

 

バンプマップの使い方

 ここでは、バンプマップの使い方を解説していきます。まず、ハイパーシェードウィンドウを表示しましょう。ステータスラインの丸に穴が開いたアイコンをクリックします。

 

アイコンをクリック

ハイパーシェード

 

ハイパーシェードを開いたら、バンプテクスチャをノードが表示されているタブにドラッグ&ドロップします。すると赤枠のように二つのノードが追加されます。

 

テクスチャをドラッグ&ドロップ

 

次にbump2dノードを追加していきます。ノードが表示されているタブにカーソルを持っていきTabを押します。すると検索欄が出てくるのでbump(バンプ)と検索し、クリックで追加します。

 

Bump2dノードを追加

 

次にテクスチャノードをマテリアルにつないでいきます。テクスチャの出力アルファ値をbump2dのバンプ値につなぎ、最後にマテリアルのnormal cameraにつなぎます。

 

ノードをつなぐ

 

最後にテクスチャのカラースペースをRAWに変更とalpha is luminanceにチェックを入れましょう。テクスチャノードを選択し、プロパティエディターから変更します。

 

カラースペースをRawに変更

Alpha is luminanceにチェック

 

今回は、MAYAにて説明しましたが、どの3Dソフトウェアにも関係しているので是非学んでみてください。

 

 

CAD関連のおすすめ本

CAD初心者の方におすすめの一冊。機械用・建築用・電気用CADの操作や機能から産業とのかかわりまで、幅広く紹介されています。

CAD関連本のランキング記事です。参考にしてください。

関連記事AutoCADの達人が教えてくれるベストテクニック100
関連記事『CAD資格』がテーマの為になるおすすめ本ランキング10選
関連記事『VECTORWORKS』がテーマの為になる本おすすめ本ランキング10選
関連記事『CAD資格』がテーマの為になるおすすめ本ランキング10選

 

その他のCAD用語
170を超えるCAD用語の解説をまとめてます。
お取引のお役に立てれば幸いです。ご覧くださいませ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

あ~お行のCAD用語

か~こ行のCAD用語

さ~そ行のCAD用語

た~と行のCAD用語

な~の行のCAD用語

は~ほ行のCAD用語

ま~も行のCAD用語

や~よ行のCAD用語

記事がありません。

ら~ろ行のCAD用語

わ行のCAD用語

A~Z、記号のCAD用語

記事がありません。

CADトレース職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました