建築図面トレース・青図・野帳のCADデータ化の外注・下請歓迎

RGBとは何?(英語表記:redgreenblue) |CAD用語集

RGB

[かな] あーるじーびー [英語] redgreenblue

光の三原色である、赤(Red)・緑(Green)・青(blue)を表す言葉で、混ぜると白色に近づく色の表し方(加法混色)です。モニターやテレビの画面の様な発光する媒体で使用されている色の表現方法です。

 

RGB

 

ここではRGBについて解説していきます。

 

コンピュータでの表現色について

通常コンピュータでは、RGBをそれぞれ8bitで表現します。

 

RGBビット深度

 

表現できる明るさの段階は、256通りになります。RGBの3色を組み合わせると256×256×256の24bitフルカラーで1677万色です。RGBは光の3原色といわれています。

  • 赤・・R 255、G 0、B 0
  • 緑・・R 0、G 250、B 0
  • 白・・R 255、G 255、B 255

MAYAでは、マテリアルのベースカラーを指定する際に触れることが多いです。

 

カラーヒストリ

 

他にも16bitや32bitで表すRGBもありますが、bit数が多くなるにつれてデータ量も増え、表示できるモニターなどの制限や一般人には判別がつかない為、基本的には8bitのRGBを使用します。

 

Bitとは

Bitとは、PC上においての単位の一つ。二進数で表す数字のことで、8bitは2進数の八桁で1Byteとも表されます。普段使用するJPEG画像は、8bitで構成されたデジタル画像です。

 

mayaでのカラースペースの変更の仕方

mayaでは、カラースペースを変更することが多々あるので紹介します。

 

レンダリングスペースでのカラースペース

レンダリング時に出力される画像の表示色を変更することができます。

 

レンダリング時に表示するカラースペース

 

対応のモニターなどがあればRec.709やAdobeRGBなどを使用することもできます。

※対応のモニターが無くても使用できますが、対応していないので推奨しません。

 

Rec.709とは

Rec.709、BT.709およびITU 709としても知られるRec. 709は、ITU-Rによって高精細度テレビジョン放送のエンコードと信号特性について制定された標準規格です。

 

AdobeRGBとは

AdobeRGBは、通常のRGBとは違い、G(グリーン)の領域が広いのが特徴です。つまりより鮮やかな緑色を表現することができます。

 

テクスチャでのカラースペース

テクスチャを張り付ける際、ラフネスやメタルネスなどのカラースペースを変更します。

 

テクスチャのカラースペース

 

※ラフネス、メタルネス、ハイト、ノーマルなどはカラースペースをRAWにする頻度が高いので押さえておきましょう。

 

今回はMAYAにて説明しましたが、どの3Dソフトウェアにも関係しているので是非学んでみてください。

 

CAD関連のおすすめ本

CAD初心者の方におすすめの一冊。機械用・建築用・電気用CADの操作や機能から産業とのかかわりまで、幅広く紹介されています。

CAD関連本のランキング記事です。参考にしてください。

関連記事『JW-CAD』がテーマの為になるおすすめ本ランキング10選
関連記事『AutoCAD』がテーマの為になるおすすめ本ランキング10選
関連記事『VECTORWORKS』がテーマの為になる本おすすめ本ランキング10選
関連記事機械図面・製図を学ぶ方におすすめの本ランキング10選

 

その他のCAD用語
170を超えるCAD用語の解説をまとめてます。
お取引のお役に立てれば幸いです。ご覧くださいませ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

あ~お行のCAD用語

か~こ行のCAD用語

さ~そ行のCAD用語

た~と行のCAD用語

な~の行のCAD用語

は~ほ行のCAD用語

ま~も行のCAD用語

や~よ行のCAD用語

記事がありません。

ら~ろ行のCAD用語

わ行のCAD用語

A~Z、記号のCAD用語

記事がありません。

用語集のカテゴリ一覧

※タップで各カテゴリページが開きます。

 
 

CADトレース職工所カテゴリ

タイトルとURLをコピーしました